いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

husband

超絶カッコいい旦那さんがモテすぎる!悩むママが愛される理由とは?

pixta_34686669_M

まるでテレビドラマのような投稿がママスタコミュニティに寄せられました。

『旦那が異常なほどモテます。絶対に誰にもとられたくないから日々監視! 日々束縛! 参考にしたいのでいい案あったらぜひ聞かせてください。よろしくお願いします』

見た目が人気俳優さんに似ていて、しかもお医者さんであるという旦那さん。性格も穏やかで、とてもモテるのだそう。一方で投稿者のママは決して自慢できる外見ではないとのことで(謙遜しているだけかもしれませんが)、毎日が心配で心配でたまらないのだとか。投稿文からは旦那さんへの愛情がひしひしと伝わり夫婦仲の良さを思わせられますが、投稿者のママからすれば切実なお悩みのようです。さぁママスタコミュニティに集まったママたちから寄せられたアドバイスをもとに、投稿者のママの悩みは解決するのでしょうか?

モテすぎる旦那をとられたくない!こんな対策はどう?

まず具体的にいろいろなアイディアが寄せられました。

『ブリーフパンツに名前を書く』

絶対に浮気ができないですね……。

『ダサダサの服装させて不潔にしといて、キャラクターのパンツ穿かせとく』

でも顔がカッコいいと、どんな服でも着こなしてしまうという難点が……。キャラクターのパンツもカワイイ! とギャップ萌えされちゃうかも。

『メールは転送』

投稿者のママは転送まではしなくても、旦那さんの確認を得たうえで頻繁に携帯チェックをしているそうですよ。

『美味しい料理で胃袋を掴む』

旦那さんが帰ってきたくなるお家作りに勤しむのが賢明かもしれませんね。

『柱に縛っておけばいいよ』

気持ち的にはそうしたいところですが、実際にやってしまうと……ねぇ……?

個性豊かに集まったママたちのコメントに、丁寧に返信をする投稿者のママ。その言葉のひとつひとつから、その人となりが伺えます。

ノイローゼになりそう?いつまでも自信がない投稿者のママ

『旦那が誰かにとられないか心配でノイローゼになりそうです』

結婚してからもずっと旦那さんが大好きすぎて大変だという投稿者のママ。

『明らかにまわりからおかしな組合せだと思われてるのをとても感じてます!  切ないです!』

と、謙遜モードは止まりません(笑)。

『自慢したくなるぐらいの素晴らしい人なんですけど、私がデブでブスなので厳しいです。世の中の女性は私が相手なら確実に奪えると思うはずです。結婚してからも日々どんどん好きが増すばかりです』

結婚してからも、好きが増すばかりとは……本当に素敵な旦那様なのですね。

『こんなに完璧でこんなにモテる人が現実の世界にいるなんて夢みたいで、しかも私といてくれてるなんてありえないことで、そう思うととんでもなく不安で落ち着かなくて勝手に1人ノイローゼです』

ここまでくると1周まわって微笑ましくもなってきてしまいますが、とにかく必死な投稿者のママ。その様子に、ママスタコミュニティのママたちから本気のアドバイスが集まりました。

束縛することなかれ!これから投稿者のママがするべきことは?

『旦那さんを信じて自分を信じて、どっしり構えてほしい。簡単にはできないかもだけど、疑念は疑念を呼ぶだけで良いことは全くないから』

『結婚してるってことは旦那さんが投稿者さんを選んでるんだから自信もっていいんじゃない? 監視やめて美味しい料理作ったり痩せる努力したり旦那に尽くせば大丈夫かと思うけど』

『旦那さんの好きな料理、胃袋を満足させ、スキンシップも忘れず、ケンカしても早めに仲直りして笑顔で。まだしてもない浮気、未来の不安で旦那さんを窮屈にしないことはとても大切かと思う』

いまは笑顔で携帯チェックもさせてくれる旦那さんも、あまりに疑われる日々が続くと疲れてしまうのでは? とママたち。疑い続けることに力を注ぐのではなく、自分を磨くのが一番だというアドバイスが光りますね。

『モテる人って案外追われるのは嫌いだから普通にしてるのが1番だと思う。長いリードつけて、行き過ぎそうになったら引っ張って戻すイメージね。しつこいのはダメ。あとは女性でいることかな。母にならないように』

旦那さんを信じて、ある程度は放っておくこと。でも手綱はしっかりとコントロールできる度量は必要です。そして旦那さんに尽くしすぎてアレコレ世話を焼いてしまい「母」と化すのではなく、いつまでも「女性」でいることが何よりも大事だという言葉に、重みを感じます。

『投稿者さんは羨ましいね。そんなに旦那さんのことを愛せて、旦那さんも幸せなんじゃないかなぁ?』

『投稿者さんは、謙虚で癒し系で可愛い性格。そんなところも愛される理由なのかも』

旦那さんは、そんな素直に気持ちを表現できる投稿者のママを選んだのです。夫婦として、そのスペックの違いに悩むかもしれないけれど、旦那さんに「選ばれた」ことを自信にし、旦那さんに負けぬよう自分磨きを頑張ってもらいたいですね。

最後に投稿者のママはこう締めくくります。

『重くてしつこい私なので旦那の負担にならないように気をつけないと駄目だなと思いました。旦那に出会えたときからずっと幸せなので、旦那の存在に感謝です! たくさん参考になる意見をいただけて本当にありがとうございます!』

結婚生活も長く続けていくと、いつのまにか日常になり、付き合い始めた頃や新婚時代の気持ちを忘れてしまいがちになってしまいます。今回の投稿を読み、筆者は自分にもかつてこんな時代があったなぁと遠い目をするのと同時に、こんな真っすぐな投稿者のママの気持ちに久しぶりに心が洗われた気分になるのでした。

 

文・渡辺多絵 編集・しらたまよ

関連記事

はじめてのホワイトデーにもらったものは、今でも私の宝物 #旦那が大好き
いまから20年前、貧乏学生だった旦那と付き合い始めたときのことです。バイト代から学費と生活費を捻出するので精一杯だった旦那。はじめてもらったホワイトデーのことを、私は今でも忘れません。友だちはホワイト...
周りのママは旦那の愚痴で大盛り上がり……でも私、実は「旦那が大好き」
職場で、あるいはママ友とのおしゃべりで、旦那様の愚痴大会になること、ありますよね。旦那様への愚痴は、おしゃべりが盛り上がる鉄板ネタではありますが……でもあなたはその愚痴の数々に、本当に共感していま...
初めての妊娠。匂いつわりで大好きな旦那が大嫌いになりそうだった話
  文、イラスト・善哉あん...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
モテすぎる旦那