いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

はじめてのホワイトデーにもらったものは、今でも私の宝物 #旦那が大好き

いまから20年前、貧乏学生だった旦那と付き合い始めたときのことです。バイト代から学費と生活費を捻出するので精一杯だった旦那。はじめてもらったホワイトデーのことを、私は今でも忘れません。友だちはホワイトデーにアクセサリーをもらったとか、花をもらったとか、いろいろキラキラした話を聞いていたので、私の期待も膨らみます。
はじめてのホワイトデー1

はじめてのホワイトデー2
それからサプライズのプレゼントに期待するのはやめて、欲しいものはちゃんと言うようにしてきた私。誕生日やクリスマスなどいろいろなものをもらってきました。あれから20年が経ち、旦那からもらってきたものの中には、使わなくなってしまったものや壊れてしまったもの、使い古して捨ててしまったものもたくさんあります。

はじめてのホワイトデー3
脚本・渡辺多絵 作画・むらみ

関連記事

ホワイトデーが憂鬱……手作りお菓子1個でお返しを期待する女性の人間性
私の職場の女性社員が、バレンタインデーということでお菓子を配っていました。休みに手作りしたという個包装のクッキー1枚です。 このクッキー1枚が、職場にちょっとしたトラブルを呼び込んでいます。...
上司に”義理チョコ”の感想を尋ねたら「子どもが食べた」とのこと。それって非常識じゃない!?
相手が思いもよらぬ行動をとると、呆気にとられたり怒りが湧いてきたりすることがありますよね。ある女性は、バレンタインデーにチョコレートを贈った男性上司からその後、聞かされたひと言に憤慨しているよ...
バレンタインに夫が本気の手作りチョコを貰ってきた!妻の本気のお返しとは?【前編】
全部で10個ほどあったチョコレート。女性の多い会社だけど、チョコレートをもらえているということは、夫は会社でうまくやっているんだなぁ……そう思い、贈ってくださった皆さんに感謝しながら、私は甘いもの...