いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

カフェ、お家、カラオケ……ママ会の場所に困る問題、みんなはどうしてる?

mamakai

保育園や幼稚園、子育て全般に関する情報交換だけでなく、ママたちのリフレッシュにもなるママ会。定期的にママ友グループで集まっているママも多いのではないでしょうか? そんなママ会で困るのは場所探し。子どもも一緒となると、かなりの大人数になってしまうため、場所が限られたり、意見や希望がまとまらず飲食店選びに難航したり……。皆さんはママ会をどこで開催していますか?

株式会社アイプランが2019年12月27日~2019年12月28日におこなった、「ママ会に関する実態調査」。0歳~12歳の子どもをもつ20代~40代のママ1,111人の「ママ会事情」をご紹介します。

半数以上のママが「ママ会はほとんどしない」と回答。実際は?

はじめにママ会を行う頻度について聞いたところ、「ほとんどしない(50.5%)」と回答したママが最も多く、「2~3ヵ月に1回(25.5%)」、「月1~3回(11.0%)」、「1年に1回(10.0%)」「週1~2回(2.1%)」と続きました。半数以上が「ほとんどしない」と回答していましたが、逆に「ほぼ毎日(0.9%)」というママも!

main

次に子連れで気兼ねなく利用できるお店やスペース選びについて聞いたところ、最も多かったのは「(お店などが)なかなか見つからず苦労する(52.1%)」という回答でした。その反面、「いつも利用するところがある(22.1%)」、「すぐに見つかる(12.2%)」という回答も少なくはありませんでした。このあたりは立地にも大きく影響されそうですね。

なかには「(お店などが)見つからずママ会をやめたことがある(5.2%)」という回答もありました。場所探しが面倒だったり、そもそも気軽にママ会を行える場所がなかったり。このような理由が、ママ会も開催頻度を下げてしまう要因のひとつになっていそうです。

お家でのママ会開催は、なにかと気を使う……

では実際にママ会を行うことになったら、具体的にはどこで行うのでしょう。

sub1

1位は「カフェ・ファミレス(60.0%)」。キッズスペースがあるようなカフェ・ファミレスなら選ばれやすそうですね。ついで「ママ友の家(42.8%)」や、「自宅(33.9%)」が続きました。ママ友の家や自宅であれば、周囲の目線を気にせず子どもをのびのびと遊ばせながらママ会を楽しめるのかもしれません。

筆者個人としては、自宅でのママ会は気疲れをしたり、人間関係にトラブルが起きかねなかったりするので、できればお家でのママ会は避けたい派です。自分の家に招くとなると、お家の掃除やおもてなしのためのお菓子・飲み物などを用意しなくてはいけないのでさらに大変。ママ友の家に行くとなると、手土産の用意や子どもが騒いだり物を壊したりしないか不安になりそうです。

もっと気軽で自由に、かつ費用もさほどかからずにママ会をできる場所が身近にあるといいですよね。

カラオケ、レンタルスペースもオススメ

今回の調査のなかで、「子連れでゆっくりおしゃべりできる施設があれば、有料でも利用したいと思いますか?」と質問したところ、半数以上のママが「はい(55.4%)」と回答していました。

筆者が最近ママ会で使っているのは、カラオケの大部屋です。カラオケですが、歌わずにおしゃべりがメインになっています。カラオケの個室であれば、周囲の視線や騒ぐ子どもを気にすることもなくママ友と楽しく過ごせます。飲み放題がついた、お得なワンコインランチメニューのあるカラオケもあるので、ママ友との気軽なランチ会にもピッタリです。

設備付きのレンタルスペースもオススメです。キッチンやキッズスペースがついていて、まるでお家のような雰囲気で過ごせるものから、子ども用の知育おもちゃやママ向けにリラクゼーションを受けられるサービスがついているものなど、さまざまなレンタルスペースが登場しています。レンタル費用は多少かかりますが、数カ月に1度みんなで集まる特別なママ会として利用してみるのはいかがでしょうか。

みなさんも「ここなら使える!」というピッタリな場所を見つけて、ママ会を手軽に楽しんでくださいね。

調査概要:『ママ会に関する実態調査』
【調査日】  2019年12月27日(金)~ 2019年12月28日(土)
【調査方法】 インターネット調査
【調査人数】 1,111人
【調査対象】 0歳~12歳の子を持つママ(20代~40代)
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

文・秋山悠紀 編集・櫻宮ヨウ

関連記事

ママ友から理不尽に無視され続けた日々。知られざる“本当”の理由とは……?【前編】
――物事には「表」と「裏」があります。これは互いが知る由もないママ友に関する「表」と「裏」の物語です。―― 私は息子を授かり、バツイチだった夫と結婚しました。いわゆる「授かり婚」でしたが、スクス...
ママ友に理不尽に無視された続けた日々。知られざる“本当”の理由とは……?【後編】
前編はこちら 我が家の旦那も就業時間が不規則な仕事をしているので、専業主婦の私はほぼワンオペ育児。同じくBママの旦那さんも平日は夜遅く、土日も接待などでいないことも多いらしく、「旦那がほ...
仲の良かったママ友がまさか私に恋心を!?【前編】
ところが、ある日突然とんでもない事件が起こりました。 その日は、どうやってママ友宅から家に戻ったか覚えていません。ただあまりにショックで、しばらく呆然としていました。...