いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

ママ友から理不尽に無視され続けた日々。知られざる“本当”の理由とは……?【前編】

――物事には「表」と「裏」があります。これは互いが知る由もないママ友に関する「表」と「裏」の物語です。――

私は息子を授かり、バツイチだった夫と結婚しました。いわゆる「授かり婚」でしたが、スクスクと成長する息子と優しい夫の3人で幸せに暮らしていました。 息子が幼稚園に通うようになってから、何となくあるひとりのママさん(Aさん)が私のことを避けているように感じはじめました。

ママ友01

しかし公園で会っても、スーパーで会っても、Aさんは私のことをジロッと睨み、話すことはありませんでした。 理由も分からずに、とことん避けられ続ける日々。

ママ友02

Aさんは上にお兄ちゃんがいて、幼稚園についてはとても詳しい人です。テキパキと社交的なので周りのママさんからも慕われ、役員なども積極的に引き受けていました。 一方私は息子が第1子だったのでなかなか要領も得ず、周りにこれといった親しいママ友もいません。役員を引き受けるなんてとんでもなく、幼稚園のお手伝いに関しても、いつも「受け身」な姿がもしかしたらそのママさんに疎まれている要因なのかも……と考えるようになりました。 そっか……。話す機会がないだけかも。と思った私は、息子が年長になったとき、思い切ってバザー役員に立候補してみることにしました。すると毎年役員をしていたそのママさんは、今年ばかりは役員をやらないとのこと。

もしかして私がやるから辞退したの……? だんだん腹が立ってきました。

ママ友03

もうこっちも無視してやる。というかもう、関わらないようにしよう。 そのママさん一家とは家も近所だし、子どもたちの学校も一緒です。今でも口をきくことはありません。訳の分からないいじめをしてくるような人はこっちから願い下げ。そのママさんのことは気にせず、今日も暮らしています。

――物事には「表」と「裏」があります。これは互いが知る由もないママ友に関する「表」と「裏」の物語です。――

 

後編へ続く。

脚本・渡辺多絵 イラスト・べるこ

関連記事

ママ友に理不尽に無視された続けた日々。知られざる“本当”の理由とは……?【後編】
前編はこちら 我が家の旦那も就業時間が不規則な仕事をしているので、専業主婦の私はほぼワンオペ育児。同じくBママの旦那さんも平日は夜遅く、土日も接待などでいないことも多いらしく、「旦那がほ...
「けんさくしすぎ? だってあれこれ 心配で」朝までぐっすり眠る子どもを見て思うことは……?
立って揺らさないと寝なかったあの頃。 私の相棒はというと、完全にスマホでした。 振り返れば、もう少し肩の力を抜いて育児以外のことを考える時間を積極的に作ればよかったのかも……と思い...
3歳の子どもが少食&偏食。悩んでいた私の考えを変えてくれたものとは……?
文、イラスト・べるこ...