いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

寝坊で大失敗!ママの焦りから見つけた、寝起きが悪い子どもの起こし方

01

私と息子(3歳2か月)、とある平日に大寝坊をしてしまいました。とっくに保育園への登園時間を過ぎていて先生からの電話で目覚め、私は飛び起きました。

先生には遅刻して登園することを話して、慌てて支度を始めました。

02

息子はとくに平日の寝起きが悪く、ちょっとやそっとの声かけではまず起きてくれません。無理に抱っこをして布団から出そうとすれば、大荒れになります。
いつもは好きなTV番組を流すなどして、時間をかけて起こしていました。
ただ、今は遅刻中。あの大仕事を今やるのか……ただですら急いでいるのにと憂鬱になりつつも、息子に声をかけてみましたが起きる気はゼロ。

私は寝坊で慌てていることもあって、息子を抱き上げてすぐに起こそうとしました。当然、猛抗議! けれど、イヤイヤをされても時間はないし、私にも気持ちの余裕がありませんでした。

息子を抱き上げながら「お願いだから起きて支度してよ~。なんならゴハン作るの手伝ってほしいくらいだよ!」と思わず漏らしたときでした。

03

息子がスッと抗議をやめて「いいよ」と言ったのです。そして私の抱っこから降り、さっさと冷蔵庫から卵を、食器棚からお皿を取り出して卵を割り、混ぜ始めてくれました。私は一瞬呆気にとられてましたが、それならばと息子が卵焼きの準備をしてくれている間に、パンを焼いたりなど朝食の準備を息子と分担して進めました。息子に「助かったよありがとう!」とお礼を言うと、息子はさらにゴキゲンになり、その後の身支度もいつもの朝よりずっとスムーズに進めることができました。

04

それからは息子の寝起きが悪い朝に「卵割ってくれる?」と私が声をかけるようになりました。息子はすぐに起きてくれるようになったので、私はとても楽に。

お手伝いは目覚ましになる!

息子はきっと頼られることも嬉しいのでしょうね。

寝起きの悪い子どもを持つママ、まだ試していなかったらやってみてください!

原案・ママスタBBS 作画・Ponko

関連記事

寝起きの悪さに朝からイライラ!そんな息子がスッと起きられるようになったある裏技とは?
息子が小学校低学年の頃のお話です。 息子は学校が嫌いなわけじゃないのですが、やはり休日の楽しさと比べると……という感じでした。そこで私はこんなことを思いついたのです……。 6時...
久しぶりの幼稚園もお休み続き。朝起きるにはどうしたらいい?
長期休み明けの登園・登校は、子どもにとってもママにとっても気合いが必要なものかもしれません。休み中にすっかり朝寝坊がクセになってしまった親子にとっては、なおさらです。数日通えばペースを取り戻せ...
長い夜はつづく!我が家の寝かしつけはハードモード
私も夫も子どもたちの就寝後、自分たちの趣味やのんびりする「自分の時間」というものを期待しながら毎日寝かしつけを行なっています。 ところが、あまりに寝かし付けるまでがハードなん...