いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

初めてバレンタインのチョコレートを貰った息子。でも実は……【後編】

息子が初めてバレンタインチョコレートをもらったことに浮かれモードの私。2月の下旬頃、ファンシーショップに出向き、ホワイトデーのお返しを選んでいました。
すると隣に数人の女の子が、ワイワイ話しています。あれ?  息子と同じクラスの女の子じゃない……?

はじめてのバレンタイン_出力_004

はじめてのバレンタイン_出力_005

私は手に取っていた、カワイイ小物入れに入ったお菓子のセットを棚に戻し、トボトボと帰りました。息子がバレンタインチョコを貰ったのは、息子に好意を寄せていたからではなく、単なる「お返し目当て」だったんだ……。

はじめてのバレンタイン_出力_006

あの日、嬉しそうにチョコレートを食べていた息子の顔が浮かんで、本当のことが言えなくなってしまいました。確かにあのチョコレートに込められていた気持ちは、本物じゃないかもしれない。でも息子がチョコレートを貰って「嬉しかった」気持ちは本当だったハズ。だったら、その気持ちをくれたことに対しては、どんなチョコレートであれ、お礼をするべきなのかもしれないな……。

結局、私はカワイイ小物入れに入ったお菓子のセットを買い、息子に渡しました。彼女の「狙い通り」になったのかもしれません。
佐藤さんの本音は、息子はきっと気づいていないと思います……。これから長い彼の人生の中で、本当に心のこもったチョコレートを貰える日がくることを願いつつ、どうか酸いも甘いも噛み分けた恋愛の経験を経て、素敵な相手と巡り会えるといいな……と祈ってしまうのでした。

脚本・渡辺多絵 作画・べるこ

べるこの記事一覧ページ

関連記事

初めてバレンタインのチョコレートを貰った息子。でも実は……【前編】
小学6年生の息子は、親の目から見ても決してモテるタイプではありません。もちろん優しい、いい子なのですが……クラスでは目立つこともなく、バレンタインのチョコレートを女の子から貰ったことも一度もありません...
【パパ育児日記】もうすぐバレンタイン #4コマ母道場
子育てにパパが参戦してくれたら、それだけで百人力! 子煩悩なしろくまパパさんと優しいママ、そして2015年生まれの娘ちゃんの日々の記録です。 夫婦で子育てする楽しさを届けてくれる天城ファミリー。...
「バレンタインはチョコレートを渡しちゃダメ」と思っていた娘、なぜ?驚愕の真実とは
「大好きなお友達にも配る!」と娘たちは盛り上がっていました。ところが…… え? チョコレートはパパだけって……どういうこと? 娘たちに話を聞いてみたところ…… ...