いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

子どもにぴったりのマスクが欲しい!そんな時に役立つ、手作り子ども用マスクの作り方

mask

© nunocoto fabric
こちらを含む本記事内のすべての写真はnunocotofabric様より許可を得て掲載しています。

インフルエンザ、花粉症対策としてマスクが欠かせない季節です。園や学校の給食やイベントで使うこともありますよね。とはいえ、子どもの顔は大きさ・形が千差万別。隙間ができたり子どもが嫌がったりと、子どもに合うマスクがなかなか見つからないことはありませんか?

そんなお悩みを持つ方のために、今回はプリーツマスクの作り方をご紹介します。「マスクを手作り!?」と思ったそこのママたち。実はこの可愛いマスク、たった20分の作業時間で作れちゃうんです。

※手作り布マスクはウイルスを完全に予防できるものではありません。あくまでも個人のためのハンドメイド小物として、お役立てください。

プリーツマスクの材料

mask1

© nunocoto fabric
こちらを含む本記事内のすべての写真はnunocotofabric様より許可を得て掲載しています。

まずは、マスクを作るのに必要な材料をそろえましょう!

【こども(大)サイズ 10歳程度向け】
※仕上がりサイズ:タテ12cm×ヨコ14cm(タテはプリーツを広げた大きさ)
・表布:タテ14cm×ヨコ19cmを1枚
・裏布(ガーゼ):タテ14cm×ヨコ15cmを1枚
・マスク用ゴム:22cmを2本
【こども(小)サイズ 幼児向け】
※仕上がりサイズ:タテ11cm×ヨコ12cm(タテはプリーツを広げた大きさ)
・表布:タテ13cm×ヨコ17cmを1枚
・裏布(ガーゼ):タテ13cm×ヨコ13cmを1枚
・マスク用ゴム:20cmを2本

早速作ってみましょう!

1.表布と裏布をそれぞれ、柄を中にしてヨコ半分に折ります。「わ」になっている側の上下(画像の赤丸の部分)を斜めに5mm程度カットします。

mask2

© nunocoto fabric
こちらを含む本記事内のすべての写真はnunocotofabric様より許可を得て掲載しています。

2.カットした表布と裏布を重ねます。カットした部分がピッタリ合うようにしましょう。

mask3

© nunocoto fabric
こちらを含む本記事内のすべての写真はnunocotofabric様より許可を得て掲載しています。

3.重ねた表布と裏布の上下を、ぬいしろ1cmで縫い合わせます。終わったら表に返し、アイロンをかけておきます。

mask4

© nunocoto fabric
こちらを含む本記事内のすべての写真はnunocotofabric様より許可を得て掲載しています。

4.子ども(大)サイズは上下から3.5cm、子ども(小)サイズでは、上下から3cmのところに印をつけます。この部分がプリーツの山折り線になるのでしっかり印をつけます。

mask5

© nunocoto fabric
こちらを含む本記事内のすべての写真はnunocotofabric様より許可を得て掲載しています。

5.線に沿って山折りにしたあと、ぬいしろ幅1cmでマスクの中心に向かって両サイドを2cm分、縫います。

mask6

© nunocoto fabric
こちらを含む本記事内のすべての写真はnunocotofabric様より許可を得て掲載しています。

6.プリーツができました。いったん開き、アイロンをあててしっかりと折り目をつけます。

mask7

© nunocoto fabric
こちらを含む本記事内のすべての写真はnunocotofabric様より許可を得て掲載しています。

7.ゴム通し口を作るため、マスクを裏に返し、両端を1cm→1.5cmの三つ折りにします。アイロンをかけたら、まち針やクリップなどでとめます。

mask8

© nunocoto fabric
こちらを含む本記事内のすべての写真はnunocotofabric様より許可を得て掲載しています。

8.端の方にステッチをかけます。

mask9

© nunocoto fabric
こちらを含む本記事内のすべての写真はnunocotofabric様より許可を得て掲載しています。

9.出来上がったゴム通し口に、ひも通しでマスク用ゴムを通して、プリーツマスクの完成!

mask10

© nunocoto fabric
こちらを含む本記事内のすべての写真はnunocotofabric様より許可を得て掲載しています。

表布の素材は、コットンの中でもオックスが使いやすいとのこと。またキレイに仕上げるコツは、プリーツ部分を慎重に確認しながら縫い進めていくことだそうです。

洗濯して繰り返し使えるマスクです。いくつか用意しておくと、「明日の分のマスクがない!」と焦らなくて済みそうですね。

ただし手作り布マスクはウイルスを完全に予防できるものではありません。あくまでも個人のためのハンドメイド小物として、お役立てください。

 

文・鈴木じゅん子 編集・しらたまよ

画像提供:無料型紙と布・生地の通販サイト nunocoto fabric

【型紙不要】風邪の予防に!家族で使えるプリーツマスクの作り方[大人用・子ども用(小学生)・子ども用(幼児)]
※効果・効用に関するお問い合わせはご遠慮ください。

関連記事

給食用白衣に染みついた柔軟剤の匂い。耐えられる?
学校の給食当番の際に使う白衣。一週間使ったら自宅に持ち帰って洗濯をし、週明けに学校に持っていき、次の当番の子どもに渡します。この白衣についた柔軟剤の匂いについて、ママたちから「気になる」「きつすぎる」...
大嫌いな予防接種の注射を回避したい?3才の子どもの突飛な提案
注射が怖いお子さんは多いのではないでしょうか。我が家の娘3才ももちろん注射が大嫌いです。 3才になって受ける日本脳炎ワクチンの1回目の接種に行ったところ案の定大号泣でした。風邪もひいていないのに...
0〜2歳の予防接種期間を過ぎて……油断して忘れていた「日本脳炎」
0〜2歳で受ける予防接種、10種類ほどあって大変ですよね。スケジュール調整には一苦労ですが、うまくスケジュールが進むと2歳前半くらいで一旦接種予定のものがなくなります。その後病院に行くのは、体調を...