いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

大好きな祖母の形見の指輪。弟のお嫁さんに渡すのにモヤモヤ

Hand 86th-years old Ukrainian women holding ring
きょうだいが結婚して、実家に同居することになった場合、実家に帰りづらいと感じるママもいると思います。さらに大好きな祖母が大切にしていた形見もお嫁さんに引き継がれるとしたら、複雑な心境になることも。あるママからママスタコミュニティにこんな相談が投稿されました。

『弟が結婚することになりました。敷地内に立つ3棟のうち、祖父母との思い出が詰まった棟を壊し新築するそうです。また、大好きな祖母が毎日つけていた指輪も、今は母が持っているものの、いずれ弟のお嫁さんに渡すことになります。今の時代に普段使いできるものではなさそうなので、つけないとは思いますが……。仕方がないことだとわかってはいるのですが、なんだかとても寂しくなってしまいました。同じような経験をした方はいますか?』

直系血族を何よりも大切にする実家、指輪はお嫁さんに渡すべき?

投稿者のママは、祖母の形見の指輪を引き継ぎたいと思いつつも、お嫁さんが受け継ぐものという考えもあるようです。こんなときはどうしたらいいのでしょうか。

『不謹慎だけれど、指輪のことは投稿者さんのお母さんが亡くなった後に考えたらどうかな? うちなんて、弟が離婚して実家に戻ってきてるわよ』

『形見としてもらったら? 指輪の大切さなんて家族にしかわからないんだから。大切にしてくれる人が持てばいいんじゃない?』

『とりあえず、その壊す家と思い出の風景、品々、写真に撮ろう。ムービーでも。デジカメ持って、実家にGO!』

形見を引き継ぐ立場のお嫁さんはどう感じる?

お嫁さんの立場からしたら、一度も会ったことがない親族からの形見の受け渡しはどのように感じるのでしょうか。

『いや、嫁さんその指輪欲しくないって。新しいの新婚の旦那さんに買ってもらった方が、絶対に嬉しいって』

実際に、形見を受け継いだママからリアルなコメントが寄せられました!

『私も旦那の実家に嫁いだときにお祖母様が着ていた喪服用の着物をいただききました。困りました』

『他の人が言っているように指輪は譲ってもらえるといいね。嫁の気持ちとしては「どうぞどうぞ」ってなるよきっと』

弟の結婚で実家とは疎遠に。お嫁さんにヤキモチを感じる

弟が結婚して、実家の敷地内に住むことになったら、小姑にあたる投稿者のママとしては実家に帰りづらくなるかもしれません。祖父母との思い出がたくさん詰まった家が立て替えられ、形見の指輪も弟のお嫁さんに受け継がれる。さらに、投稿者のママの嫁ぎ先とは違い実家は裕福な家庭のため、お嫁さんに対して羨ましい気持ちもあるでしょう。

『ヤキモチはあるかな! ある程度の裕福な家に嫁げるのはある意味いいと思う。私の嫁ぎ先、全然違うし』

寂しさと同時にモヤモヤする気持ちを抱えるのは当然のことかもしれません。

感傷に浸る気持ちにママたちから「わかる」の声

投稿者のママの寂しさに共感する声も寄せられました。

『おめでたいことだってわかってるけど寂しいって思うんだろうから、それは仕方ないよ。私だって実家が壊されることになったら寂しいと思う。そのきっかけがきょうだいの結婚だったら、複雑な気持ちになったんじゃないかなー』

『お祖母ちゃんが大好きだった投稿者さんの思い出いっぱいの家を壊して、父親がお金だして新築建てるってきいたらそりゃモヤモヤするよ……。嫁が悪いわけじゃないのも投稿者のママはじゅうぶんわかってるから、余計に気持ちの整理がつかないよね』

「嫁いだ身だから、実家のことには口出ししてはいけない」と考えつつも、スッキリしない気持ちを抱えている投稿者のママ。遺品は、受け渡すほうも受け継ぐほうも気持ちの整理が難しいかもしれませんね。形見については、嫁ぎ先の家から受け継いだときに困ったという声もあったとおり、弟のお嫁さんも困るかもしれません。まずは家族と話し合いをしてみて、祖母をよく知った孫が受け継ぐことを提案してもいいかもしれませんね。あなたはきょうだいの結婚や形見の引継ぎ問題で、モヤモヤしたことはありますか?

文・間野由利子 編集・山内ウェンディ

関連記事

義母亡き後「宝石などは嫁に」という義父。義姉と揉める可能性は?
みなさんはもしも自分のお母さんが亡くなったとき、お父さんが実の娘である自分を差し置いて、「兄や弟のお嫁さんに遺品を全て譲る」と公言したらどう思いますか? ある投稿者さんはお嫁さんの立場で、義父...
父親の形見を「捨てれば」という旦那に非難殺到。捨てなくてもすむ方法は?
家族や親しい方が亡くなった後、その方が生前に使っていた物は、残された者にとって思い出深く大切な物になるかもしれません。ですが人によっては、家族が大切に持っている形見が不要な物としてうつってしま...
「信じられない……」あなたが夫にされてショックだったことはなんですか? 
実は最近、夫に殺意が芽生えた瞬間がありました。 春から幼稚園に通い出した娘のために、慣れないお弁当作り生活をしている筆者。子ども用のお弁当とはいえ、「明日はお弁当に何を入れよう……」と、頭の片隅...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
弟が結婚するんだけど、複雑な気持ちになってしまった