いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

2人目出産で大部屋に入院。初産のピカピカ新人ママに、自分のダラダラ育児っぷりをわざとアピールした理由

ピカピカママにダラアピール1
傍から見ていると、初産ママたちはボロボロになりながら、心身ともにものすごい緊張状態で初めての育児を頑張ろうとしていました。たとえば助産師さんが「身体が辛かったら、赤ちゃん新生児室で預かりますよ?」と言っても「いえ、大丈夫です! 頑張ります!」と真っ青な顔で笑って見せていたり、授乳やおむつ替えを助産師さんに習った通りに完璧にやろうとして、でも上手くいかなくて落ち込んだり……。

ピカピカママにダラアピール2

ピカピカママにダラアピール3
初産ママたちは、私のことを「何てだらしないママなんだろう、ああはなりたくない」と、思ったかもしれません。
しかし退院して、何カ月も赤ちゃんとふたりっきりの生活が続いて、ぐっすり眠れない、ゆっくりご飯も食べられない、トイレもお風呂もままならない……となって、ジワジワと追い詰められたとき「ああ、そう言えば産院にすっごい適当なママがいたな、私もあの人みたいに、少しは手を抜いてもいいのかな……」と、思い出して、少しでも心や身体を休めてくれていたら嬉しいな……と思います。

脚本・大島さくら 作画・いちと

いちとの記事一覧ページ

関連記事

「育児が楽しくて仕方ない!」と言った友人の秘密
しかし産後の現実は、友人が話していたことと全く違いました。育児はとにかく過酷……。 完全密室、ワンオペ育児。そんな状態で家事育児をこなしていると、心に余裕が無いせいか、赤ちゃんが全く可愛...
ずっと覚えておきたい子育ての記憶。始めてよかった“育児絵日記”のすすめ
文、イラスト・いちと...
ママが下の子を出産で入院。「私がしっかりしなくちゃ……」流せなかった涙を手紙の中に託した長女
長女が7歳、次女が4歳のときに三人目を出産することになった私。妊娠~出産までの道のりは長く、それぞれの週数で大変なことがたくさんありましたが、きょうだいがいるときの「出産」で一番心配なのは、「ママの入...