いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

遠方の高校へ進学した娘が音信不通!?心配のあまり連絡を取り続けたら……

娘が遠方の高校へ進学し、下宿生活をしています。

01
合格発表のときは、娘は憧れていた高校へ進学できることを喜んでいましたが、引越しの日が近づくにつれて、元気がなくなっていました。初めて親元を離れることもありナイーブになっているのかもしれない。私は娘の様子は気にかけながらも、家を出る娘を元気づけて、送り出しました。

そして無事入学して1週間。

02

私は何かあったのだろうかと不安になり、下宿の管理人さんに確認をしました。
管理人さんからは「娘さんに変わった様子は見られません。元気に頑張ってるようですよ」と言われ、ひとまず安心はできました。

その後娘から連絡が。

03
おそらく管理人さんが、私から連絡があったことを娘に伝えてくださったのでしょう。娘はそれも「恥ずかしいから」とやめてほしそうでした。

その後娘から、学校や部活、下宿での生活で忙しくしていることを聞かされて、私は娘が新生活で精一杯なのだということに気がつきました。毎日連絡をしても、疲れて返す気力が娘にはなかったのかもしれません。

娘を心配していますが、信用していないわけではありません。きっと何かあれば娘が何か言ってくれるはず。週末には連絡しつつ、それ以外は娘からの連絡に応える形にして、娘の頑張りを遠くから見守ることにしました。娘が今の生活にすっかり慣れた頃、私の心配を笑いながら話せたらいいな。

子離れ……努力しなければ!

※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。

原案・ママスタコミュニティ 作画・Ponko

Ponkoの記事一覧ページ

関連記事

「とにかくお金が欲しいから高校に進学したくない」という子ども。説得する方法はある?
中学卒業を控えた子どもの進路について、みなさんはお子さんと話し合っていますか? ある程度は子どもに判断を任せている親御さんもいることと思いますが、基本的には「高校に進学する前提」で話を進めることが多い...
高校生のお誕生日。口もきかなくなった息子を、どう祝う?
子どもが小さいころは、ともすると年間で最大のイベントにもなりえるのがお誕生日です。ケーキやプレゼントはもちろん、部屋を飾りつけたりクラッカーを鳴らしたり。ママにとっても我が子の成長をかみしめる...
娘はいまや高校生。ひとりぼっちの休日に思い出すこと、思うこと
※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。 脚本・渡辺多絵 イラスト・Michika...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
この春から下宿してる娘(高1)