いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

fashion

小学生の娘と姉妹に間違えられる……母らしい服装ってどんなの?

pixta_41081743_M

若く見られたい人もいれば、大人っぽく見られるほうが嬉しい人もいますよね。投稿者さんは後者、小学生の娘さんと姉妹に間違えられるそうで、年相応に見られるにはどうしたらよいのかと相談しています。

『お母さんらしい服装ってどんなものかな? 5年生の娘と姉妹に間違えられることが増えました。普段の服装はレギンスにワンピース、髪はそこまで明るいわけじゃない。話し方もふつうだと思います。童顔とはよく言われます。でも身長は低め(これがいちばんの原因?)。もっと大人っぽい印象を与えられるようになりたい!年相応に見られるにはどうしたらいいのでしょう……』

お嬢さんと姉妹に間違われるなんて羨ましい気持ちも覚えてしまいますが、投稿者さんにとっては悩ましい問題なのですよね。ファッション、メイク……何か、幼い印象を回避して、年相応にす見られるのにいい方法はあるのでしょうか?

子どもっぽく見られない服装とは?

まずは“子もっぽく見られない服装”がアドバイスされているのでご紹介します。

カジュアルは避ける

『私、お店にいらした母子を本当に姉妹だと思い込み、お母さんに対して子ども相手を前提とした接客をしたことがあるわ。気がついたときはびっくりした。身長が低くて、丸顔で、顔の作りや目鼻の配置バランスで子どもっぽく見える顔立ちってありますよね。それで服装もカジュアルだと小中学生に見えてしまう』

『投稿者の普段着がカジュアルで、さらにデザインや色や生地が子どもっぽい物を着ているのかもしれない』

『中学生でも着られるようなデザインの服を着ているとか?低身長でメイクもほぼすっぴんだったり、アイメイクだけ力入ってますみたいな感じだったりするなら、親子なのか年の離れた姉妹なのか迷ってしまうかも』

もしかしたら投稿者さんはカジュアルな服装が多いのではないかと予測している方が複数人いました。小学生のお子さんでもできるような服装ではなく、大人っぽくエレガントだったり綺麗目な服装をすると大人っぽく見られるのではないかというアドバイスが寄せられています。

上品な物を身に着ける

『本当にごめんなさいなんだけど……、服装や持ち物が実年齢より若々しすぎる感じなのでは? それこそ小学生が着ているとか。パッと見た印象って、顔よりまずは髪型や服装から印象が強いような。それなりの物を身に着けて、身だしなみを整えていたら小中学生に間違えられることはないかと』

『さすがに小学生と姉妹と言われるのは……。メイクが子どもっぽいとか服のサイズ感が合っていないとか』

アクセサリーや身に着けるものを見直してみるといいのではないかというアドバイスも。必ずしもブランド物や高価なものである必要はありませんが、素材のよさや大人の体型に配慮したアイテムを選ぶことできちんと感が漂って、それが大人の女性らしい印象に繋がっていくはずです。

メイクもしっかりめにしてみては?

『身長が低くて童顔だとしても、メイクが上手でおしゃれだったりすると学生に見えることはないよね』

『黒髪で前髪ぱっつんとか?メイクはしている?』

『メイクをしてアクセサリーを着けたら変わると思う。小学生に間違えられるのは、さすがにショックだよね。頑張って!』

童顔の方の場合、スッピンやナチュラルメイクでは幼く見えるというコメントも。適度にメイクをしたり、大人っぽく見えるメイクの仕方を研究するといいかもしれません。

外見が幼く見えても、立ち居振る舞いがきちんとしていれば気にしなくてもいい

『うちの母もよく私と姉妹に間違われていた。でも年相応な服だった。ただ背は私より低かったし、童顔。ちなみにその時、すでに私は高校を卒業していて、母は45歳だったような。周囲にそのことで何か言われたりしているのではないのなら、気にしなくていいと思うよ。幼く見えても、話し方や礼儀がきちんとしていれば、問題ない。私もよく年齢より若く見られるのに、実際に話したら老けた印象を与えるようで、年齢不詳と言われる(笑)』

特に不都合がないのなら、無理に外見を変える必要はないのではといったアドバイスも届いています。このコメントのとおり、大人の女性、そしてママたちが公の場で求められるのは、年相応のきちんとした立ち居振る舞いや、子どもへの愛情がにじみ出た優しげな印象です。無理に外見を変えるよりも、お子さんが喜んでくれるママ像であろうと努めれば、自然とそういった振る舞いや印象はついてくるはずですから、まずは周囲の目よりお子さんの目に映るママ像を意識してみるのもいいかもしれません。

ぜひお子さんにも「どんなママが好き?」と、聞いてみてくださいね。

文・物江窓香 編集・blackcat

関連記事

小物だからと侮れない!印象がガラッと変わるバッグとシューズとは
出かける際に必ず必要となるシューズとバッグ。育児中は動き易いスニーカーと大きめのママバッグの使用頻度が高くて、たまのお出かけの際にオシャレをしたとき、どんなものを合わせればいいのか分からないというママ...
授業参観に適した服装ってどんなもの?目立ちすぎず、ダサすぎずの絶妙な塩梅が知りたい!
学校行事に着ていくお洋服、毎回どんなコーディネートがいいのか悩みませんか? 入学式や卒業式のような式典は正装をするとして、一番難しいのが授業参観や保護者会のときの服装です。 「目立ちす...
子どものおばあちゃんだと間違われた!老けて見られないための対策とは?
子どもを連れていたらおばあちゃんだと間違えられてしまったという驚きの体験談が、ママスタBBSに寄せられていました。 『小学生の子を連れて買いものをしていたら、通りすがりの人に「おばあ...
参考トピ (by ママスタジアム
お母さんらしい服装