いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

注意!プラスチックレンズのメガネをかけたまま高温サウナに入ると予想外の出費が発生します?

01

ある休日のこと。主人と息子、私の家族3人でスーパー銭湯に行こう、という話になりました。

6歳の息子にとっては初めてのスーパー銭湯です。

02

03

メガネ屋さんによると、プラスチックレンズには、熱が加わると膨張する性質があるとのこと。一方で反射防止やキズ防止のためレンズ表面に施されているコーティングは、膨張しない性質だそうです。私のメガネはサウナの熱でレンズが膨張&収縮を繰り返したけれど、コーティングはついていけず、はがれてひび割れたのでした。

高温サウナでプラスチックレンズのメガネを使用するのは、やらない方がいいことだったのです……! メガネは何をやっても元に戻りません。リラックスして楽しむためにスーパー銭湯に行ったのに、コーティングのことを知らなかったせいで思わぬ出費になってしまいました。

レンズ交換には1週間もかかるとのことで、その間は遠くが見えづらい生活に。よく会うママ友さんたちには誤解のないよう、このドジ話とともに「道で会ってもよく見えないから、挨拶できていなかったらゴメン」と正直に話したのでした。

無知にかさねて恥ずかしかったです。

※このお話はあくまで個人の体験談です。

脚本・しのむ 作画・Ponko

Ponkoの記事一覧ページ

関連記事

保険証がなくて病院に行ったら自費診療扱いに……100%自己負担と思ったらなんと200%!?
昔から目がものすごく目が悪かった私。 ……というわけで病院へ行きました。すると、あれよあれよという間に検査が進み……。 私はそれまで主人の扶養内で働いていましたが、今後...
口を開けば「疲れた」「体が痛い」「休みたい」を連発。「年を取ったな」と思う瞬間は?
20代が懐かしい。30歳を超えたあたりから徐々に徹夜がきつくなり、35歳では子どもを追いかけるのに息切れし、気づけばベンチで休んでばかり。「あーあ、年取ったな」なんてことはありませんか。「いやいや...
ママ友と距離を置くことになった理由とは?陰口、口の軽さ、距離感……ママたちの本音あれこれ
知り合った人に対して「この人とは合わないかも……」と感じ、あえて距離を置いたという経験はありますか? 親族、友人、同僚などいろいろな人と付き合っていれば、なかには「合わない」と感じる場合もあるでし...