いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

保険証がなくて病院に行ったら自費診療扱いに……100%自己負担と思ったらなんと200%!?

昔から目がものすごく目が悪かった私。

01

……というわけで病院へ行きました。すると、あれよあれよという間に検査が進み……。

02

私はそれまで主人の扶養内で働いていましたが、今後もっと働きたくて、主人の扶養から抜けることにしていました。この月は主人の会社の健康保険から抜け、国民健康保険に切り替える期間だったのです。

検査までの間、私の頭をめぐるのは検査費用のことばかり。もちろん後日新しい保険証が届けば、払い戻しを受けられます。ただそれでも「払えるのかな……」という不安は付きまといました。

03

この大学病院ではたまたま、自費診療の場合は200%という方針だったのです。

示された金額は44,920円! 30%(3割)の自己負担なら、44,920÷2×0.3=6,738円で済んだところを44,920円!

※ざっくりとした計算です

04

 

その後は国民健康保険の保険証が届き、病院の窓口で手続きをして、自己負担分30%を除いた170%分のお金が返ってきました! ちなみにMRIの結果は「異常なし」でした。よかったよかった。

思わぬ大金の支払いに、ひとりで大騒ぎしたのはなんだったのでしょうか……。

社会保険の大切さ、そして健康であることのありがたさを、身をもって実感した出来事でした。今後病院に行くときは、保険証を忘れないよう気を付けたいと思います。

脚本・しのむ イラスト・Ponko

Ponkoの記事一覧ページ

関連記事

扶養に入っているママは、いくら稼ぐのが得?ママたちに知ってほしい「2つの扶養の壁」とは
結婚や出産を機に退職したけれど、子育てがある程度落ち着いたから仕事を始めよう! そう考えているママも多いのではないでしょうか。 もし家計を潤すためにパート勤務を考えているなら「扶養の壁」を知...
会社に産休育休がない!妊娠を機に制度導入を社長に直談判した話
※産前産後休業や育児休業の期間の健康保険・厚生年金保険の保険料は、被保険者分及び事業主分とも徴収されません(事業主の申出によります)。 ※...
2019年10月消費税10%へ!8%のままとなる「軽減税率」の適用範囲は具体的にどこまで?
2019年10月はママたちの生活にとって大きな変化が起こる時期となりそうです。というのも「幼児教育無償化」が実施されるのと同じタイミングで消費税がこれまでの8%から10%へアップするからです。...