いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

口を開けば「疲れた」「体が痛い」「休みたい」を連発。「年を取ったな」と思う瞬間は?

pixta_22033252_M20代が懐かしい。30歳を超えたあたりから徐々に徹夜がきつくなり、35歳では子どもを追いかけるのに息切れし、気づけばベンチで休んでばかり。「あーあ、年取ったな」なんてことはありませんか。「いやいや、そんなの序の口だから」という意見も聞こえてきそうですが、ママたちが感じる「年取ったなー」と思う瞬間とはいったいどんなとき?

病院ネタは切っても切り離せない

『体が冷える。病院で知り合いと出会うことが増えた』

『「年を取ったら友達と病気の話ばっかり」と言ってた近所の年上の人の話を笑って聞き流してたけど……。本当に、最近は友達と集まると病気の話ばかり! どこの整骨院がいいとか』

『同じ(笑)。あと検査の話とかね』

年を取るのに比例して、病院の診察カードの枚数は増えるばかり。

『親の介護やら自分の病気やらで病院行く機会が増えると逆に若い部類に入るのよね。そこでちょっと勘違い入るよ』

70代、80代の先輩方に比べたら、30代、40代なんてひよっこ世代なのかもしれません。

『もうさ、50歳目の前にするとまた一歩踏み出すよね。いよいよ老境に差し掛かる。検診で異常値が出る。同年代の人の病死とかチラホラあってゾッとする。通夜に行く機会がぐっと増える』

20代、30代は結婚式に出産祝い、40代以降は結婚式は遠のき、友達からくる連絡はご不幸がぐっと増える……のかもしれません。

「体の変化」を如実に感じる

『寒さに耐えられなくなった。 暖かくない職場で立ち仕事をして、寒い中バスを降りてから歩いて帰宅。寒すぎて、こたつでがっつり暖まらないと家事ができない』

コートを着ずに、ミニスカートをはいて歩く女子中高生を見ると、思わず背中がブルッ!

『肩と背中が常に痛い』

『近くが見えないってどういうこと? と思ってたけど、こういうことなのね。かなり不便』

老眼鏡が必要になってくるようです。

『立つときにヨッコイショ~ョとか独り言が増える』

ついいっちゃいます。

『若い頃は熱なんてその日に下がって、もっと学校会社休みたいとよく思っていた。今は早く元気になりたい! あちこち痛すぎ(泣)』

『ちょっと長く寝ると体が痛い。だからといって長く起きてられない』

1日が長いような、あっという間のような。

『35でヘルニアになった。なにをしても腰が痛い。身体の色んなところに不調が出てババアになったんだなって思う』

『久しぶりにテニスをしたら股関節壊れて手術したぜぇ? 回復が遅くて全然治らないぜぇ?』

ネタの鮮度もだんだん落ちてきているようです。

『30代で自分をおばちゃんて書いている人見ると、まだまだ入口だぜ。40代なめんなよって思うわ』

50代の人にも同じことを思われてそうです。

「今までだったら徹夜しても楽勝だったのに、疲れやすくなった」。そんな体の変化を感じる時に自分の年を感じるようになる人が多いのかもしれません。

機能も記憶もシンプルがイチバン!

『携帯の機能が最小限しか使いこなせない。アイドルがみんな同じ顔に見える。服がシンプルでチュニック系ばっか。出かけるときは素っぴんマスク』

『瞬発力がなくなった。遊びに出かけるのが面倒になった。携帯を握りしめてることがなくなった。ジーっと座ってテレビを見ることが増えた。物欲がなくなった』

『芸能界の若い子がみーんな同じに見える。ジャニーズやAKBや乃木坂なんてもはや誰が誰だか、何が何やらわからない』

10代の頃は、親が好きなアーティストの名前を間違えただけで怒っていたのに、今では自分が名前を覚えられない立場に。

『お腹スッポリのデカいパンツをはくようになった』

服は「デザイン重視」から「体が冷えない、動きやすさ」重視へ。

『胸焼けするからポテトチップス一袋食べれない』

スイーツから和菓子へと、食べ物の好みも変わってくるのかもしれません。

『若い頃の自分の写真を見て、こんなにかわいかったのかとショックを受けた。いまは、どんなにキメ顔してもおばさん』

『スーパーの袋が乾燥で開かなくてびっくりした』

『外出中にポケットとかから洗濯バサミが出てくる』

多少のことでは動じない「精神力」

『多少のことで悩んだり凹んだりしなくなったから、昔よりずっと生きやすくなった。だんだんまわりの目が気にならなくなった。言いたいことが言えるようになった』

数々の修羅場を乗り越えて、たくましくなってきたのかもしれません。

『40手前で分かれるよね。女を磨いてあがく人、諦めて完全におばさんになる人』

疲れやすくなったり、言葉が出てこないときがあったりと、年齢とともに体の機能の衰えを感じる瞬間は増えるかもしれません。しかし、年を重ねても輝いている女性はたくさんいます。実年齢よりも気持ちを若く持ち……なんて思っている時点ですでに年ですかね(笑)。あなたが「もう年だな」と思う瞬間は、どんなときですか?

文・間野由利子

関連記事

「子どもの年齢」より「おばあちゃんの年齢」が重要!?おばあちゃんに我が子を預けるママの本音
わが子はおじいちゃんやおばあちゃんなど、たくさんの人に可愛がってもらいたいものですね。でも、実母や義母が「孫と2人だけでお出かけしたい」と言ってきたら……あなたならどうしますか? おばあちゃ...
結婚10周年の記念に「スイート10ダイヤモンド」購入にかけた金額とは?
ママスタ掲示板に寄せられたスイート10ダイヤモンドに関するコメント。 『スイートテンダイヤ欲しいけど、貯金とか先のこと考えるともったいないかなぁと思ったり、家族で旅行した方がいいかなぁと思ったりする...
お金?それとも純愛?「年収1000万円以上」の旦那さんを持つ妻が結婚を決めた本音とは
結婚相手には、どれくらいの年収を望みますか? ママスタBBSに旦那さんの年収に関して率直な質問が寄せられましたので、ご紹介します。 『旦那さんの年収が1000万円以上ある奥さんに質問。年収に...
参考トピ (by ママスタジアム
ばばあになってわかったこと