いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

出口の見えない育児……価値観を変えてくれた”あるママ”との出会い

当時とにかく抱っこしていないと泣き止まない我が子に、日常生活もままならない日々が続いていたのを覚えています。
望んで迎えた出産にもかかわらず、出産はまるで青天の霹靂のように私の生活をガラリと変えました。

不安な毎日で、歩けども、歩けども、ちっとも出口の光が大きくならない真っ暗なトンネルを毎日ひたすら赤ちゃん片手に歩いているようなそんな感覚。
このままの状態ではいけない、そう思った私はある場所を出掛けました。
IMG_0443

うちの子は活発で、ジッとしている子ではありませんでした。
いつでも私は追いかけて、この子は将来人の話を聞く子になるんだろうか、心配性の私はそんなことさえ考えてしまったのです。
IMG_0432

そんなある日、再び絵本の読み聞かせに参加した日のこと。
同じように、落ち着きなく動き回る赤ちゃんと遭遇しました。「うちの子と一緒だ!」、ふとそのお母さんに目をやるとニコニコしてただ眺めているだけ。
どんなことを考え、どんな風に育児を頑張っているんだろう……。
IMG_0433
日中一人で育児していると、狭い価値観に縛られがちだった自分を改めて見直しました。
外出は億劫になるけれど、外の世界には新しい発見と出会いがありました。

今、赤ちゃんを子育て中のお母さんで私と同じような方がいたら赤ちゃんと一緒に外へ冒険しに行ってみてください。
素敵な出会いや新たな発見があるかも!

文、イラスト・しっぽ

関連記事

赤ちゃんの泣き声に癒される人、いませんか?
私(5歳の息子のママです)は赤ちゃんの泣き声が大好きです。 ある日、ゴミ捨てに行くとどこからともなく、赤ちゃんの泣き声が聞こえてきました……。 赤ちゃんの泣き声がすると、思わずキョロキョロ...
子育てはイレギュラーな”タスク”との戦いの日々!
子どもたちと過ごしていると、何ともない日常の任務も時間を要するようになってしまいます。 頭で思い描く日々のやる事リスト(=タスク)は子どもたちの手によって凄まじい勢いで入れ替えられてしまうのです。 ...
室内が好きなインドア派!そんなママが子どもが生まれて気付いたことって?
インドア派のママさんいらっしゃいますか? 私もその1人でした。子どもが生まれるまでは……。 育児中に感じているのは、独身の頃よりも外の世界と関わる時間が増えた気がしていることです。 結婚前...