いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

誕生日プレゼントに花束をもらうのはうれしい?ママたちの回答とは

pixta_31381680_M

大切な人の誕生日には何かプレゼントを贈りたいですよね。誕生日に旦那さんから花束のプレゼントをもらった投稿者さんですが、少々不満があるようです……。

『旦那から誕生日に花束貰ったけど正直、花に興味ないし、すぐ枯らしてしまうからいらない。どうせプレゼントくれるなら欲しい物を買って欲しかった。今なら冬服とか欲しいのあったのに。皆さん花を貰って嬉しい? 正直いらないと思ったプレゼントある?』

旦那さんから誕生日プレゼントに花を贈られたけれど、花は枯らしてしまうので別のものが良かった、と投稿者さんは不満のようです。この投稿について、ママスタBBSのママたちからコメントが寄せられました。

花束のプレゼント、嬉しいです!

『花は部屋が華やかになるから嬉しい』

『旦那が自分で選んで何かを買ってくれるってもうずっと無いから花束嬉しいな』

『花嬉しい! お花屋さんで旦那が選んでる姿想像するだけで嬉しい。結婚6年目、毎年花とケーキ買ってきてくれるよ。プレゼントよりその気持ちが1番嬉しいかな』

『むしろ消えてなくなるものにお金をかけてくれたことが嬉しいかな。お花ってすぐに枯れてなくなるのにわざわざ買ってくれたんだ……って思う。自分の好きな花を覚えていてくれるのも嬉しい』

ママたちからは花を贈られたら嬉しい、というコメントが届いています。旦那さんが花屋さんに足を運んでママのために花を選ぶ行為そのものに気持ちがこもっている、とママたちは考えているようです。花の形を借りた”愛”のプレゼントなのかもしれませんね。一方で、こんなコメントも。

『逆に趣味じゃない物を貰った方がいやだ。花なら枯れるし捨てられるし後腐れなくていい』

プレゼントが花ではなく“物”だった場合、もし好みではなかったら、誕生日プレゼントなだけになかなか捨てるわけにもいかなくなりそうです。その点、花であれば枯れたら捨てることができますね。贈ってもらった気持ちは永遠に残り続けるでしょう。

『花をもらう機会ないから嬉しいよ。うちは旦那が花をプレゼントしてくれたら玄関に飾ってあとはドライフラワーにしてるよ。アルバムに挟むときもあるし』

もし花を贈られていやな理由が「枯れてしまうから」ということであれば、贈られた花をずっと手元に残せるように、ドライフラワーにする方法もあるようです。しおりにもなるのですね。

花束プラスαのプレゼントをもらいたい。本音がチラリ

一方で「花束以外のプレゼントをもらいたい」というコメントもありました。ママたちが語るその理由とは、どんなものなのでしょうか。

花だけではなく残るモノも欲しい

『花とモノなら良いけど、花だけなら嬉しいけど枯れたら終わりだからねぇ……。普段から沢山ほしいもの買える奥さまなら良いのだろうけど、そうじゃないならモノが欲しい』

『私も花に興味ないから貰っても微妙。特に切花で花瓶にささなきゃいけないのは面倒くさい。花プラス品物ならいいけど、花だけはいらない』

『プラスアルファの花なら嬉しい。センスのいいやつで。メインが花なら嫌』

”花束だけ”というところに引っかかる、というコメントもありました。生花はていねいに手入れしても、いずれは枯れてしまうものですよね。花束の贈り物がいやだというよりも、花束にくわえて、何か品物のプレゼントを用意してくれる方がうれしいというのがママたちの本音のようです。

花をきれいなまま保つのは手間がかかるから

『うちの元旦那も毎年花だったな。いけるのもずっと綺麗に保つのも面倒くさかった(笑)。それなら欲しいもの聞いてほしかった』

せっかく贈られた花束ですから、長く楽しみたいと考えるでしょう。しかし花を綺麗に生けておくのはなかなかに手間がかかることのようです。正直に「面倒だった」と本音を語ってくれたママがいました。”元”旦那さんというところが気になりますが、それでも贈られた花は毎年飾っていたようですね。

現実的すぎる理由も……。

『子どもからもらう花は例え道端の花でさえ嬉しいのに旦那から花もらったら心の中で舌打ちしてしまう。現金で欲しい』

こちらのママからはとても旦那さんには聞かせられないコメントが……。その本音(?)は胸の内にしまっておきましょう。

「形に残るものを」とひと言、添えてみては

ママたちが花束以外のプレゼントを欲しい理由のひとつに、”花はいずれ枯れてしまい、形に残せないものだから”というコメントがありましたね。花束を綺麗に保つのにはそれなりに手間がかかることも理由に挙がっていました。形に残せなかったり手間がかかったりすると、せっかくのプレゼントをもらった嬉しさが減ってしまう気がするかもしれません。

また花がいやなわけじゃなく、もっと他のものがよかったという気持ちもママたちにはあるのかもしれません。もしそうであれば、次の誕生日プレゼントは旦那さんに「花は形に残らないから、形に残るプレゼントをもらいたい」と伝えてはいかがでしょうか?

せっかくの贈り物。伝え方ひとつで旦那さんの気分も変わるでしょうから、ママのリクエストを伝えつつも、旦那さんの気持ちを盛り上げるようなひと言を添えてあげてくださいね。

文・しのむ  編集・一ノ瀬奈津

関連記事

夫婦の節目となる結婚10周年の記念日。どんなお祝いをした?これから迎える人の希望は?
結婚10周年のお祝い。「スイートテン」という言葉を思い浮かべる方もいるかもしれませんね。「10周年には、ダイヤモンドが欲しい」。筆者もそんな願いを持つ1人です。 夫婦としてもひとつの節目...
30代のママへ予算5,000円でプレゼント。もらって嬉しい物といえば何?
ママたちのなかには、記念日や誕生日などにプレゼントを贈り合う習慣がある人もいるかもしれませんね。ある投稿者さんは同じ年代のママにプレゼントをあげようと思っているそう。しかし毎年のことなのでもう...
「カーネーション」の花言葉に注意!ママたちからお義母さんへ「母の日のプレゼント」選びとは
毎年「母の日」が近づいてくると、「母の日のプレゼント、何にした?」などという会話を耳にしますよね。とくに結婚後は、お義母さんにどんなものを贈ったらいいのか迷う……というママいるのではないでしょ...
参考トピ (by ママスタジアム
誕生日プレゼントが花束だった