いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

”口うるさい”子育てから抜け出したい!ママたちが提案する打開策

口うるさい子育て
子どもには子どもの言い分があるのでしょうが……しつけにおいてママが口うるさくなってしまうのは、きっとありがちなこと。ママスタBBSには以下のような悩みが寄せられました。

『わが子は10歳ですが、
言わないと時間がなくなる。言わないと成績が下がる。言わないと風邪をひく。言わないと怪我をする。
……ということばかり。旦那は「子どもが息苦しくなる」と言って、口うるさい私を責めます。だんだんと子どもにも相手にされなくなり、私ひとりでヒステリックになる。私自身の父親もすぐ怒る人だったので、父に似ている自分が大嫌いです。これでも育児も家事も仕事も頑張っているつもりなのに、孤独です』

言い過ぎたくないのに、「やらない」わが子に多くの言葉をぶつけてしまう。けれど、家族に思いは伝わらず、ママに孤独感をもたらしますね。一方で、たしかに”言い過ぎ”の自分を自覚していて、そこから抜け出したいと悩むママも多いでしょう。このトピックにBBSのママたちはどう反応したのでしょうか?

”口うるさい育児”をやめられないママたち

投稿者さんの嘆きに、同感というママはやはり多く……。

『すごく分かる。何でも普通以上にできる子ならいいだろうけど、放っておいたら失敗ばかりのようなうちの子。つい言い過ぎちゃう』

『分かるよ、過干渉になるよね。外に出るとまぁひどい。「車くるよ」、「後ろから自転車きたよ」、「溝があるからちゃんと見て!」……間違ったことは言ってないんだろうけどね(汗)』

『同感。子どものために口うるさくなってしまうのに、迷惑そうにされて家を飛び出したくなる毎日』

『分かる。でも私は、子どものためというより自分のために言ってるな、と思うときもある(汗)』

『時間がなくなる→早めに準備させない親の責任。
成績が下がる→家庭での学習は親の責任。
風邪をひく→体調管理は親の責任。
今の時代は何でも親の責任だという雰囲気を感じる。無責任な親と思われたくなくて先回りしてしまう』

ひとくちに口うるさい育児と言っても、その理由は、子どもの気質や性格・わが子への愛・親としての責任・現代の風潮などさまざまなものがあげられそうです。

「責められている」という感情が、”言い過ぎ”を生む??

言い過ぎる現状から抜け出せるよう、ママたちからはたくさんの助言や励ましが届きました。まずはちょっと鋭い視点で、投稿者さんが書いていた育った環境に触れながら、エールを贈るママの声をご紹介します。

『父親が厳しかった、と書いてあるから思うんだけど……「旦那に責められる」と感じることに、投稿者さんの認知の歪みがある気がする。
私の親もガミガミ言う人で、それで育った私は指摘されると「責められている」と感じる。でも認識を変えて、非難ではなく「提案」などと考えるようにしたよ。
子どもに反抗されているときも、責められているような気持ちにならない?

『育った環境が影響しているのかもしれないけど、気づいているならきっと大丈夫。
私も頑張ってるところなんだ。怒るんじゃなくて「諭す(導く)」のがいいと思う。時間はかかるだろうけど、似た環境で育った者として応援してるよ』

なるほど、自分が置かれていた環境や心理をひも解いていくと、育児のヒントも見つかるかもしれませんね。コメントに投稿者ママは以下のように返事を残しています。

『その通りかもしれません。旦那に「責めてるんじゃない。どうしたらいいかを子どもに話すんだよ」と実際に言われたことがあります。
私は人に認められたい気持ちが強いのだと思います。夫の言葉も子どもの反抗も、自分が責められているように感じて感情的になってしまうんです。あらためて他の方に指摘されるとハッとしますね』

ママたちが推す、”言い過ぎ育児”から抜け出す方法

そして、自分自身を見つめ冷静な目をもてるようになったら、わが子への接し方も前進しそうです。ママたちからは”言い過ぎ”に歯止めをかけるためのテクニックが出そろいましたよ。

『子どももやるべきことは分かっているんだろうけど、能力以上のことを要求されると否定された気持ちになって、できることもできなくなる。褒めることは、意味なく自信をもたせるためでなく、自尊心を築いてあげるためのものだと思う』

『私は、つい言い過ぎちゃうことを「感情抜き」でアドバイスするようにしてる。あとは実際に本人が困ってから「ほら言ったでしょ~」でいいんだよ。本人が納得しなけりゃ学ばないんだからさ』

『ただ見守るのもストレスだろうから、要点だけ簡潔に一度だけ伝える、と決めてみたら?』

『「子どもだから無理」・「言っても分からない」などと子ども扱いせず、話し合ったり実際にやらせてみたりするのはどうかな?』

『「もう○分だけど大丈夫?」、「明日テストだけど大丈夫?」、「風邪ひいちゃうけどいいの?」……という感じで、親が一方的に言うんじゃなくて、子どもに聞いてみたら?

言い過ぎないためのママたちの工夫、ためになりますね! 日常に埋もれ、口うるさいことに甘んじていた筆者としては、わが育児を見つめ直す絶好の機会となりました。子育ては本当に難しいと実感しつつ……親子そろって笑顔の多い毎日にできたら素敵ですね!

文・福本 福子 編集・山内ウェンディ

関連記事

テレビ大好き!勉強大嫌い!子どもが宿題や勉強を進んでするようになるには?
お子さんは学校から帰ったらすぐに宿題をやりますか? 学校の宿題の他にも、お子さんによっては習い事の宿題や自宅学習などと、やるべきことがあるでしょう。しかしテレビやゲーム、タブレットなどの誘惑も...
イライラして子どもに大声で怒鳴ってしまう……穏やかに育児をする方法は?
あなたは言うことをきかない子どもに対して、イライラしてしまうことはありますか? あるママは3歳の子どもの言動に我慢ができず、つい大声で怒鳴ったり嫌味を言ったりしてしまうことがあるそう。しかしそ...
頑張りすぎなくても大丈夫。先輩ママたちからの「もっと力を抜いてよかった育児」について
子育てをしていると終わりがない、と感じることはないでしょうか。 そして、子どもが成長していくなかで、「もっと、こうしておけばよかったな」「あんなに頑張りすぎなくてもよかったかな」と、これまで...
参考トピ (by ママスタジアム
言い過ぎてしまう、子育て。