いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「在宅で仕事をしている」と告げると小さく笑ったママ友……もしかして馬鹿にされている?

OLポートレート・白バック

人と話すときの表情やしぐさ、発言などで「もしかして、馬鹿にされた?」と感じることもあるかもしれませんね。ただ確証はないので、なぜ馬鹿にされたのか、どこが馬鹿にする要素になったのかなど、なかなか相手に問うことができない方もいるのではないでしょうか。ある投稿者さんは、ママ友から自分の職業について馬鹿にされた気がすると話しています。

『フルタイム、正社員の人って、在宅はちょっと馬鹿にしている? あるママさんに、仕事をしている前提で「なんの仕事をしているの?」と話しかけられました。うちは幼稚園児と小学生がおり、相手は高校生と小学生がいることは知っています。

私は物書きを生業としているため在宅なのですが、仕事内容を人に話したことはなく、ママ友くらいの関係なら専業主婦だと思われていると思います。聞かれたので、さらっと「在宅なんです」とだけ答えると「え、あ、そう、なんだぁ……フッ」と小さく笑われてしまいました。

その方はフルタイムで早朝出勤などもあるようです。そして仲良くしている方には教師や正社員が多いようです』

フルタイムで働くママ友さんと、在宅で仕事をする投稿者さん。職業を打ち明けた瞬間に小さく笑われたことでなんだか馬鹿にされているように感じてしまったようですね。この投稿にたくさんのコメントが集まっているのでご紹介します。

在宅で働けるのは羨ましい!

「正社員の人って、在宅はちょっと馬鹿にしている?」という投稿者さんの質問に、「そんなことない!」のコメントが相次いで寄せられました。

『馬鹿にするどころか、家でも働けるスキルがあることが凄いと思います。私の職種は在宅ではできないから』

『馬鹿にしてない、したことない。私は逆に羨ましい』

『えー! 馬鹿になんかしない。心底羨ましい。子どもが熱出したときとか、たまに持ち帰り仕事をしたら、眠くて眠くて仕事にならなくて、在宅ワークできる人の精神力と自律心を尊敬する』

『在宅にできない職種だから、うらやましくて仕方ないよ。この間、在宅ワークにできたらどんなに良いかって話をしていたとこ』

羨ましいという正直な気持ちや、尊敬するという褒め言葉まで、在宅ワークは馬鹿にするような職業ではないというコメントが集まっています。

馬鹿にしたように笑ったママ友の心情は?

ではなぜ、投稿者さんのママ友は、投稿者さんを馬鹿にしたように笑ったのでしょうか? ママ友の心情を推測するコメントが寄せられました。

マウントをとりたい人なのかも

『マウントして馬鹿にする人っているよ。
独身です。結婚してないんだ(笑)。
既婚です。子どもは?(笑)。
既婚子持ちです。専業?(笑)。
兼業子持ちです。パートでしょ(笑)。
正社員子持ちです。ご職業なに? (笑)。どうせ手取り低いでしょ(笑)。
高額月収です。でも名誉や地位がある仕事じゃないと(笑)。
地位や名誉ある仕事です。効率よく稼ぐ方が賢いわ(笑)。
と、まぁ、もうそんな人はエンドレスだから気にしないでいいよ。在宅最高じゃん。
相手にしないで知らんぷりでいいよ』

『少し前まで正社員でしたが、わざわざ人の職種は聞くことはなかったです。聞くと、自分のことも話さなきゃいけなくなりますよね? たぶん、わざわざ聞く人は自分のことも言いたいんじゃないかな? と思います。 私、正社員なのよ~すごいでしょ、と思ってパートや専業主婦を見下している人もいましたから、そんな類いの人かもしれませんね。私が退職するときも、「これからは一般の主婦になるのね~」と見下すような言い方をされましたよ』

自分の社会的順位を確認するために、相手より優位に立とうとすることを「マウンティングする」あるいは「マウントする」と言いますが、投稿者さんのママ友は、何かにつけてマウントを取りたい性格なのではないかと推測するコメントがありました。また、もしかしたらママ友さんは正社員やフルタイムで働くことを誇りだと考えているのではないかというコメントも。

“内職”と勘違いしたのでは?

『内職だと思ったんじゃない?』

『その人、内職と勘違いしてそうだね。今は在宅の企業もあるのにね』

在宅での仕事を“内職”と勘違いしたのではないかというコメントも寄せられています。ひとことで「在宅ワーカー」といっても、仕事の種類はさまざま。もちろん収入も人によって大きく異なります。また、内職をしている人は「家内労働者」と呼ばれ、在宅ワーカーとはまた別の仕事として捉えられています。在宅ワーカーであろうが内職だろうが、馬鹿にされるような職業でないことは変わりありません。しかしママ友は、内職であれば、お小遣い稼ぎ程度の収入しか得られていないのではないかと勝手に推測し、自分の収入と比べたのかもしれませんね。

※参考1:厚生労働省「在宅ワーカーのためのハンドブック」
※参考2:厚生労働省「家内労働について」

馬鹿にしているのではなく愛想笑いだった可能性も

『話を広げようと思ったら予想外の答えが返ってきたから、愛想笑いで終わらせただけじゃない』

なかには、ママ友は投稿者さんのことを馬鹿にして笑ったのではなく、愛想笑いのつもりだったのではないかというコメントもありました。相手からの返答が思っていた答えとは違って、なんだか小さく笑ってしまったり苦笑いとなってしまったことはありませんか? もしかしたら投稿者さんが、ママ友の反応を悪くとらえてしまった可能性もありますね。

もし馬鹿にされていたとしても……相手にしない!

『そんな人のことなんか、気にしない方が良いですよ。世の中そんな人ばかりじゃないですからね』

『稼げれば、なんでもいいじゃんね~』

ママ友が、悪意を持って職業を馬鹿にしたのかどうかはわかりませんが、相手にしないことが一番だというアドバイスも寄せられています。どんな環境で働いていても、働いていること自体は変わりないのに、自分の価値観でマウントをとってくる人とは、今後お付き合いしていくのが難しいのではないでしょうか。仕事や職業において、人にはそれぞれ価値観がありますが、自分のしている仕事は、他人に馬鹿にされるようなものではないはず。自信を持ってくださいね。

文・物江窓香  編集・一ノ瀬奈津

関連記事

ママ友が子どもの成績を根掘り葉掘り探ってくる……。軽く流す?付き合いをやめる?ママたちの判断とは
ママ友との会話で、暗黙のうちにタブーになっている話題は少なくないのではないでしょうか。中でも、お子さん同士の成績の話はとりわけデリケートなもののひとつでしょう。点数ではっきりと比べやすいものだから...
ママ友が子どもの成績を根掘り葉掘り探ってくる……。軽く流す?付き合いをやめる?ママたちの判断とは
ママ友との会話で、暗黙のうちにタブーになっている話題は少なくないのではないでしょうか。中でも、お子さん同士の成績の話はとりわけデリケートなもののひとつでしょう。点数ではっきりと比べやすいものだから...
やる気が出ない子ども、志望校を聞いてくるママ友……高校受験の疑問や「心配事5選」
お子さんの高校受験……実際に受験するお子さんよりも、見守る親の方がヒヤヒヤしてしまう、というママも少なくないのではないでしょうか。 たとえば夏休みや冬休みにできること、理想的な過ごし方、子ど...
参考トピ (by ママスタジアム
ママ友や職場の人にちょっとした意地悪をされたらどうする?