いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

ベテラン助産師さんのサポートを経て、義母から私へ手渡された命のバトン

_母”の存在1 訂正_母”の存在2訂正_母”の存在3あ

陣痛促進剤(上記では促進剤):『陣痛誘発及び陣痛促進等を目的に使用される薬剤(引用:独立行政法人医薬品医療機器総合機構 資料より)』

_母”の存在4あ

義母は、娘が生まれて一週間後に亡くなりました。 なんとか、テレビ電話で娘と会わせてあげることができました。ときどき思い出すのが、 生前、沖縄に会いに行ったとき、義母が私のお腹を撫でながら歌を歌ってくれたこと。 歌が上手な義母の遺伝でしょうか。 娘は音楽が鳴りだすと、嬉しそうに手足を動かし始めます。 その姿を見るたびに、命は繋がってるんだなと、心が温かくなるのです。

文、イラスト・かねはまあさみ

※このエピソードは一個人の体験談です

関連記事

先の見えない陣痛中に光が差した!助産師さんの”ある言葉”とは
私の出産の時の話です。 なかなかお産が進まないので、陣痛促進剤を入れることになりました。それまでも痛かったけれど、点滴で入れた促進剤が効いてくるにつれて、今まで経験したことのないほどの痛みが! ...
「お母さんなのにおかしい」陣痛中に私を地獄に突き落とした助産師さんの一言
いざ出産の時。なかなかお産が進まないので、陣痛促進剤を入れることになりました。それまでも痛かったけど、点滴で入れた促進剤が効いてくるにつれて、今まで経験したことのないほどの痛みが! 必死で耐える私に...
助産師さんの一言で「張り詰めていた心」が開放されました #あの人に今ありがとう
日々、正解のない子育てに奮闘していると、ときにはどうしてもつらくて逃げ出したくなったり、くじけそうになったりしてしまうこともありますよね。そんなとき、誰かに優しくしてもらえたり、心がホッと軽くなるよう...