いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

子どもたちの長い休みが終わったとき、ママたちが心の底から感謝するのは……?

pixta_48011533_M

子どもたちの長ーい休みが終わったばかりのママたち、お疲れさまでした。長い休みで子どもと過ごす時間が増えたママたちにとっては「休み明け」に感じる解放感は“あるある”ですよね。「子どもがいないことを喜ぶなんて、ママ失格?」なんて気持ちを感じている人がいたら、それは違います! 子どもと過ごす時間も大切ですが、毎日家事に育児とやることてんこ盛りのママたちにとって、子どもが学校に行っている間の1人で過ごす時間も同じように大切なのです。休み明けのママスタBBSには、解放感あふれるママたちの心の声が寄せられていました。

その中でも、長い休みを経て、多くのママ達が感謝する”あるもの”に注目してみます。

何より感謝するのは給食!

休みが終わって学校がはじまったことに感謝することと同じくらいママたちが感謝するもの。それが「給食」のようです。

『給食考えた人天才だわ! ありがとう~!』

『給食っていうか学校のありがたみよ』

『給食費を払わない親や給食費の事で文句言う保護者が理解出来ない』

『給食、有り難いよね! 未払いとか本当にダメだよ……』

『給食! 嬉しい!』

ママたちが給食に感謝する理由とは

家族の食事を1食作る家事が減るだけでママたちの負担がどれだけ減るかが、ママたちのコメントを見るとわかりますね。栄養バランスの良いごはんを食べさせてくれる給食のありがたみを感じるママたちが熱いです(笑)。

『昼は麺類が多くて多分栄養バランスめちゃくちゃだったなー。給食ってありがたいよね』

『お昼ごはんを作らなくていいって、解放感でいっぱい』

『毎日お昼から栄養満点でありがたい』

『給食開始。食事の用意が1食減るだけでめちゃくちゃ助かる』

『昼ごはんのメニュー考えなくて済むから楽』

親になったことで初めて知ること、感じることがたくさんありますが、「給食のありがたさ」もそのひとつではないでしょうか。1日3食のうち、1食でも用意せずに済ませられて、さらには栄養バランスも抜群となれば、ママたちにとってこんなに助かることはないですよね。

筆者も週に2回お弁当を作っていますが、週2回ある給食の日の朝には、「今日はお弁当作らなくていいんだ」という気持ちで一気に朝の準備が楽になり、心に余裕を持つことができます。給食がある。たったそれだけでママたちはお弁当のおかずを買う作業とお弁当を作る作業をせずに済みます。たかが1食、されど1食です。心に安らぎと余裕が生まれるのは、筆者だけではないでしょう。本当に「給食は偉大」ですね。

文・鈴木じゅん子 編集・しのむ

関連記事

「給食着、パンツや靴下と別々に洗う?」ママたちの”給食着洗い”の実際
わが子が定期的に、週末に持ち帰る「給食着」。そんな週末は、家事がちょっと増えて、ママ(あるいはパパ)が給食着の洗濯に励みますね。そこで、ひとりのママがある疑問を抱き、ママスタBBSに投げかけました...
子どもの偏食に悩むママ。小学校入学は来年、今できる”給食対策”は?
子どもの食の好き嫌いに悩むママは、少なくないでしょう。苦手なものがひとつふたつならまだしも、野菜全般などカテゴリー丸ごとが苦手となると「もう、お手上げ!」。ふと頭をよぎるのが、「小学校に入った...
子どもの頃に戻れるなら、もう一度食べてみたいと思う給食のメニューはなんですか?地域によっては幻のメニューかも
大人になってから、ふとした瞬間に子どもの頃に食べていた給食の味を思い出すことはありませんか? 筆者には、何十年という時が過ぎても、「もう一度食べたい」と思い出す給食のメニューがあります。それは、「...
参考トピ (by ママスタジアム
夏休み終わったーーー!!給食様々!