いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

小さな子どもに突然の夕食抜き!?でもそれはママからのおしおきではなくて……?

私が4歳のころの話です。

「夕食抜き」で真っ先に思い当たるのは、おしおきです。しかしこの日の私は悪さをした覚えがなく、叱られてもいません。
なぜだろう? と不思議でしたが、母の宣言通り、私の分の夕食はありませんでした。

そしてその後も何事もなく就寝。真相がわかったのは翌朝になってからでした。

母は、私が少食で好き嫌いがあり、全くご飯を食べないことを悩んでいたようです。母が近所のママ友さんに相談したところ、「お腹が空けば食べるんじゃない? 一食抜いてご飯のありがたみを教えたらいい」と言われて、昨夜の夕食で試したのだそう。だから叱られた覚えも特になかったのに夕食を食べさせてもらえなかったのか! とやっと私は合点がいきました。

しかし、肝心の空腹感については……。

「お腹、別に空いてないよ」

私はそう、夕飯を抜いても、特にお腹が空いていなかったのです。それどころか、ただ突然夕食を抜かれたことに驚き、意味が分からず不安な気持ちが残っただけ。私の少食や偏食が改善されることはありませんでした。

母も、「これは無意味な対策」と悟ったようで、その後、私が食事を抜かれることはなくなりました。

私が母となった今、考えれば……子どもの食事に悩む気持ちはわからなくもないけれど……。
結局夕食を抜かれて不安になった気持ちの方を、よく覚えています。

文、イラスト・Ponko

関連記事

離婚したのは子どものせい?シングルマザーとなった「今」思うこと
私が中学生のころ、両親が離婚しました。 元々夫婦仲は良くなかったようで、それまでの長い間、家庭内別居のような状態でした。父は、家でお酒を飲んで自室で寝てしまうだけの人。母は母で仕事帰りはパチンコ...
母の嫌いな物は子どもも苦手になる?”カワイイ”を避け続けて少し後悔している話
物心がつかない子どもにとって、物の価値は親の評価が全てとなりがち。私も例に漏れず、母が嫌いというものには苦手意識を強く持っていました。 母は、好き嫌いをハッキリ言う人でした。人の好き嫌い...
「なんで書けないの!?」と子どもに叱らないで!文字の意味がわからず母に怒られた私の悲しい思い出
子どもが文字の読み書きできる年齢になれば、「早く字を読めるようになればいいなぁ」なんて親としてはつい思ってしまいますよね。特に小学校入学前となると焦ることもあるのではないでしょうか。 しかし私は...