いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「おばあちゃんちはつまらない……」孫のお泊りを楽しみにしている母にどう伝える?

我が家から車で15分の距離にあるマンションに、私の母(76歳)は住んでいます。病気のため食事制限が必要だったり、耳が遠くなってきたりと年老いてきた母。ふだんは、時間があれば、母の様子を見に行くようにしているのですが……。
コミック2_001年々、耳が遠くなっている母は、息子や娘が話しかけても聞こえないことが多くなりました。スムーズに会話ができないことも、子どもたちのストレスになっているように感じます。

娘としては、年老いた母に孫の顔を見せて、喜ばせてあげたいと思う反面、成長とともに「おばあちゃんちがつまらなくなってきた」という子どもたちの気持ちも理解できるのです。子どもたちも、おばあちゃんのことは大好きだけど、お泊りはもういいや……という気持ちなのでしょう。 コミック2_002 コミック2_003

※この漫画はママスタBBSを元に作成しています。

原案・ママスタBBS イラスト・よしはな

よしはなの記事一覧ページ

関連記事

5歳の子どもが義実家で「ご飯がまずい!」と……。義母と義姉に怒られたけど、大人げない?それともこちらが悪い?
義実家と自分の家庭では子どもへの躾の仕方が異なることもあるでしょう。ある投稿者は、子どもの躾がなっていないと義母と義姉に怒られたことが納得できず不満に思ったそうです。一体何があったのでしょうか...
子どもを義母や実家に預けるときにお弁当を持たせるのはアリ?どんなメニューがいい?
急な用事やお仕事の都合などで、子どもを自分や旦那さんの実家に預けた経験のあるママは多いのではないでしょうか。ママスタBBSには「子どもを義母に預ける時、お弁当を持たせるのはアリ?」とたずねるト...
抱き癖、白湯、うつぶせ寝……義母や実母に育児方法を押し付けられて困ったことはある?
時代が進むとともに、今まで常識だと思っていたことが覆されたり、もっと便利な方法が出てきたりと情報が変化していくことがありますよね。しかし中には情報が古いまま時が止まっている方もいるようです。義...
参考トピ (by ママスタジアム
実家に帰る意味がない