いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

今思えば、背筋が凍る!ママたちが子ども時代にやらかした”ヤバイ案件”18選

今思えば、冷や汗もの!ママたちが「子ども心」ゆえに、やらかしたヤバイこと
常識的な振る舞いに、礼儀をわきまえた言動……大人である私たちは、いかにも”大人然”として日々を暮らしていますね。しかし、経験値も低く、物事を客観的に見る力も十分ではなかった幼い頃、だれもが常識や礼儀などとは無縁の「子ども心」を持っていました。いわば無法地帯の子どもの世界……ママたちは、思い返せばゾッとするアレコレをやらかしてきているようです! 今回は、ママたちが暴露した、子ども時代の”ヤバイ案件”を18連発でお送りしていきます。

これぞ、子どもの生態?あるある系「ヤバイ」こと

似たような経験をお持ちのママも多いハズ!? まずは、ヤバイけれど、子ども”あるある”のお話をご紹介。

『道沿いの花の蜜を吸っていた。排気ガスや、もしかしたら犬のオシッコもかかっていたかもしれないのに(泣)』

『お風呂の中でオシッコしてた。何も知らない家族が、その後普通に入浴してた』

『鼻くそ食べてた』

『スーパーで売っている、ラップされたカットすいかの断面に、ずぶずぶ指を突っ込んでいた。ごめんなさい!』

『「アルプスの少女ハイジ」に憧れ、近所の子と下着姿で走り回っていた』

『みんなしたと思うけど、降っている雪を食べたよね』

好奇心が招く、「ヤバイ」事態

子どもは好奇心のかたまり。”探求心センサー”をはたらかせ、周囲のさまざまなものに、実験感覚で挑みます。ときに残酷だったり、周囲の人間にとっては迷惑だったりしますが……(たぶん)悪気はないんです!

『アリの集団がいるところに、小さな虫を置いて捕獲されるのを観察してた。エグイよね(汗)』

『牛乳瓶に蛙をパンパンに詰め込んで遊んだ。ごめんなさい』

『ダンゴムシをポケットいっぱいに詰め、お店のテーブルの上にびゃーっと出した』

『マンションの7階のベランダから墨汁を捨てた。布団干し日和の、天気の良い日にね……。えーえー、大変なことになりましたよ』

怪談話より背筋が凍る!ガチの「ヤバイ」案件

幼い頃は、危険を予測する力が十分に備わっていませんね。その上、楽しいことが大好きで「やってみたい!」という衝動で行動する子どもたち。BBSのママたちからは、大事件・大事故につながる危険性をはらんでいた、シャレにならない危険エピソードが語られました。

『小学校の宿直のおじいさんの部屋に行くと、アイスやスイカなど色々もらえるから頻繁に行っていたら、太腿を揉んでくるようになった。美味しいものを食べられる代償、と何となく分かっていたけど、今思うとだいぶ危険なことしてたな……』

『借家の平屋の屋根に登り、隣の屋根に飛びうつった上、そこを走ってた』

『2歳の頃、野良犬をなつかせて背中に乗っていた。自分の子にはさせられない……』

『墓石造りの会社の裏庭に入り込み、墓石がゴロゴロ置いてある場所で、かくれんぼや鬼ごっこ。石が崩れていたら、終わってた』

『自宅裏に大きな用水路があった。滝のように流れが激しいところの土手に腰かけ、鼻歌を歌っていた。そこに落ちていたら……と思うとゾッとする』

『9歳の頃、団地に住んでいて、団地には普段付き合いのある家族もいた。そこの家には、6ケ月の赤ちゃんがいたんだけど、母親が赤ちゃんを置いて、買い物に出かけた。赤ちゃんが泣くのが、開けた窓から聞こえたから、勝手に家にあがって赤ちゃんを連れ出し、芝生の上に寝かせた。私はその近くで遊んでいた。しばらくして泣きやんだから、また家に入り、赤ちゃんをベットに返した。
その母親は、このことを知らない……我ながら恐ろしい』

「ヤバイ」けれど、”人の優しさ”が身に沁みる思い出たち

今思えば「リスクのある、あり得ない」行動の数々。しかし一方で、子どもに温かいまなざしを注いでくれた大人たちのおかげで、ママたちの心には、得がたい貴重な記憶が残ったケースもあるようですよ。

『ベンチで爆睡した。起きたら、隣のベンチに知らないおじさん・おばさんがにいて、「ここで寝たら危ないよ~」と言って去っていった。後になって、私が起きるまで見守ってくれていたんだと気付いた』

『友達とひとり暮らしのおじさんの家に遊びに行っていた。庭のきれいな家で、ハンモックや七輪もあった。七輪で焼き芋してもらったりしたな。友達は親に叱られ、途中から来なくなった。わが子にはさせたくないけど、いい思い出。おっちゃん、ありがとう』

危険な香りと、現代では考えられない「古き良き時代」の匂い満載のエピソード、いかがでしたでしょうか?
ひとりのママからは、何とか無事に大人になった自分たちに安堵すると同時に、「子どもの思考の不可思議」に感じ入るコメントが届いていますよ。

『みんなが無事に生きてて、何よりだわ。子どもの思考回路って、こんな感じなんだろうね。大人になると理解できない、不思議な考えだよね』

大人になった今は、子どもの頭の中のことは、到底うまく理解できませんが……自分たちの「ヤバイ」経験を振り返れば、すこしはわが子の不可解な言動も、楽しめそうな気がしてくる筆者です(汗)。

文・福本 福子 編集・山内ウェンディ

関連記事

もうすぐ新元号。その前に昭和を振り返ってみたら……
2019年5月には新しい元号に変わります。そんな今こそ、あえて昭和の時代について懐かしんでみませんか。「昭和あるある」をお届けします。これが分かるか分からないかで、ママたちの年代がバレてしまうかも...
今では考えられない!大らかすぎる「昭和の子育て」とは?
環境の変化に敏感な子育ては、時代によって‟当たり前”が変わっていきます。 布オムツから紙オムツへの変化も、アレルギーの問題も、専業主婦が多数を占めていた時代から働くママが多くなったのも、今の時代...
私ってイケてる? それとも黒歴史? 子ども時代のナルシスト行動
中学生・高校生時代にそれがかっこいいと思ってやっていたことも、今思い返せば「なんであんな行動を……」と恥ずかしくなることが誰しも一つや二つはあるはずです。特にそれが「ナルシスト行動」だったら、恥ずかし...
参考トピ (by ママスタジアム
今思えばゾッとする子供の時にやった事は?