いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

夏生まれの赤ちゃん、お家で過ごすときの服装は?先輩ママたちのおすすめはあのスタイル!

pixta_36898775_M
初めての育児は、ママにとってわからないことばかりでしょう。中でも新米ママたちの疑問のひとつに「新生児にどのくらいたくさん服を着せるか問題」があるのではないでしょうか。たくさん着せるべきか、薄着で過ごさせるべきか……。実際に着せたり脱がせたりして迷ってしまったというママさんもいるかもしれません。ママスタBBSにも赤ちゃんの服装について先輩ママたちのアドバイスを仰ぐママさんが現れました。

『教えてください。夏生まれの赤ちゃんは、肌着の下はオムツのみでしたか? なにかブルマ的なものを履かせたりしていましたか? 在宅時の服装で、生後3ヶ月くらいまでのことです。知人はオムツのみの人が多かったのですが、ママスタBBSの先輩方がどうしていたか教えてください』

夏生まれの赤ちゃんを持つ新米ママさんである投稿者さん。お家で過ごすときの服装として、下半身はオムツのみでいいのか否か……と悩んでいる様子です。さて、これに対してママスタBBSのママたちはどのようなアドバイスを投げかけたのでしょうか?

圧倒的支持率!オムツのみでOK

『あせもになるからね。自宅ならオムツでOK』

『オムツだけ。座るまで布オムツだった。布オムツはかぶれないから超よかった』

『オムツのみに、コンビ肌着を着せていたかな? あとは真夏はオムツにロンパースだけとか。短肌着にオムツ丸出しのスタイルは、吐き戻しがひどくて着るものがなくなったときと、湯上がりの30分とか!』

『7月生まれの長男は、オムツとコンビ肌着だけだったよ。洗濯物が少なくて楽チンだったわ』

先輩ママたちからの圧倒的な支持を受けていたのは、下半身はオムツのみというスタイルでした。暑い夏は特に赤ちゃんのデリケートなお肌はあせもになりやすいため、薄着で過ごした方がよいと考えているママたちも多く見受けられました。上半身には肌着を着せれば、お家で過ごすにはぴったりのスタイルになりそうです。かぶれを予防したいのであれば布オムツを使用してみては? というアドバイスも。かぶれやあせもが気になる場合には、チャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

先輩ママたちがこぞっておすすめするアイテムとは?

『うちは新生児のころから動きが激しかったから、股の部分にスナップの着いたロンパースの肌着を着せていたよ。可愛い柄とかなら1枚で部屋着になるし』

『家にいるときはオムツと肌着だけで座布団に転がっていたなぁ。それか、お股でパッチンする肌着の半袖かタンクトップ。GAPとかにかわいいのもあるよね』

『ロンパースの肌着にすれば、オムツも見えないしいいんじゃない? うちは5人中、夏生まれが2人いるけど、ずっとそうしていたよ~。めっちゃ楽!』

夏生まれのお子さんを持つママたちが異口同音におすすめしてくれたアイテムはズバリ「ロンパース」でした! 動きが激しいお子さんでも、オムツが見える心配がないのが嬉しいですね。パチンと止められるスナップが付いたものをチョイスすれば、オムツをかえるときも簡単にできちゃいます。かわいらしい柄のものもあるので、選ぶのが楽しくなりそうです。

子どもを愛しているからこそ心配!さらなる質問

先輩ママたちからさまざまなアドバイスをもらったところで、投稿者さんは2つ目の質問を投げかけました。

『やはりオムツのみのご意見が多いので、ブルマ的なものは用意しないでおきます。逆に、いくつらいからオムツの上にズボンなど履かせるようになりますか?』

先輩ママたちからのコメントを読んだうえで、今度はいつからズボンを履かせたらいいのか……と心配になってしまった様子です。お子さんを愛しているからこそ、疑問は尽きないものなのかもしれませんね。この質問に対しても、先輩ママたちは丁寧に答えてくれました。

『ロンパースを卒業したとき。でも1歳くらいのときは、家ではTシャツにオムツだったけど(笑)』

『上下の服が着せられるようになるくらいかなー。腰が据わると上の服を頭からすっぽり着せやすくなるから、それくらいだったような……。うちは小さめだったから、ロンパースばっかりだった』

寄せられた回答は「腰が据わったとき」というものでした。腰が据わると服を頭の方から着せやすくなるので、自然とロンパースの下着を卒業して、それに伴って服もシャツとズボンになって……という流れがあるのかもしれませんね。それでは最後に、投稿者さんの背中を押すかのようなコメントをご紹介しましょう。

『「ズボンを履かせた方がいいな」って母親のあなたが思うときが来るから、そんなに心配しなくて大丈夫だよ!』

「母親のあなたが判断すればOK!」……不安を抱えながら母親業に奮闘するママたちにとって、なんとも心強く感じられる言葉ではないでしょうか。初めての育児は、わからないことだらけ。しかし決めなければいけない大切なことがたくさんあるのも事実です。育児での選択に迷ったときにはぜひこの言葉を思い出して、自信をもって決定をしたいものですね。

文・motte 編集・しのむ

関連記事

春夏生まれの赤ちゃんにはどんな肌着が必要?産婦人科医や先輩ママが勧める新生児用アイテムは
間もなく赤ちゃんを迎えるというご家庭では、出産準備を進めているママも多いかもしれませんね。春から夏にかけては湿気も多く蒸し暑い日がある一方で、肌寒く感じる日もありますよね。この時期に生まれる赤...
赤ちゃんの身体は熱が逃げやすくこもりやすい!赤ちゃんが快適な服装とは
赤ちゃんは「暑い」「寒い」などと言葉で表現できないため、赤ちゃんの服装について悩むママも多いと思います。特に寒い季節は、赤ちゃんにとって寒すぎないか、または着込みすぎて暑すぎないかが気になるところ...
夏生まれの赤ちゃんにあって便利だった育児用品は?逆に不要だったものは?
暑い夏。間もなく赤ちゃんが生まれるご家庭では、いろいろと赤ちゃん用品の準備をされているのではないでしょうか? 赤ちゃん用品を扱うお店のカタログや書籍に書いてある「出産準備リスト」はとても参考...
参考トピ (by ママスタジアム
夏生まれの赤ちゃん 肌着の下はオムツのみ?