いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

fashion

暑い時期、肩出しファッションをしない人が気になっている4つのこと

pixta_50416165_M

暑い時期がやってくると、ノースリーブやオフショルダーなど夏のファッションを楽しみたいという方もいるのではないでしょうか。しかし、周りを見渡すと肩を出していない人もたくさんいますよね。ある投稿者は、みんなが肩を出す洋服を着ているか着ていないかが気になっているようです。

『肩だし、肩かくし? 今日はとても暑くて私はノースリーブを着たんだけど、やっぱ涼しいね。人によっては脇の処理が甘いとかで恥ずかしいときがあるよね。私は脱毛済みで大丈夫だけど。みんなは、肩をだしている? それとも肩をかくしている?』

ママさんたちはどんな思いで洋服を選んでいるのでしょうか? 暑い時期は肩をだす派とださない派のコメントが集まっているのでみていきましょう!

季節のファッションを楽しみたい!「肩をだしている」派

まずは「肩をだしている」派のコメントです。

『学生時代水泳部だったので、私も肩がっちりしているけど気にしないよ。やはり快適さには勝てないわ。今年の夏も暑くなりそうだし。北海道なんてある地点で39度よ。もう長袖、肩かくしの衣装、絶対無理だわ。肩だしの衣装を着ちゃうと、やめられないよ。勇気を出して着てみてね』

『わたしは脇を脱毛しているからノースリーブを着ているけど、周りの人が夏ファッションを楽しんでいなくて「えー」となる』

1度肩だしファッションをすると、涼しくて病みつきになるというコメントがありました。季節のファッションを楽しみたい方からは、他のママさんたちが肩を隠しているとガッカリしてしまうというコメントも届いています。

「肩を隠している」派が気になる4つのこと

しかし、肩を隠しているファッションをしている方は、ある理由があるようです。特に4つの理由が目立ったのでみていきましょう。

1.日焼けが気になる

『肩をだすと焼けない? 今日まじで思ったんだけど薄手の布をかけた方が本当に涼しかったよ。直に陽が当たらないから。夏に薄手の服を着きたらUVにもなるし一石二鳥と実感した』

『汗かきだから日焼け止めを塗っても紫外線にまけるんだよな。だから薄手の長袖を羽織っている方が楽』

「肩をだしていると日焼けが気になる」というコメントがありました。露出の部分が多ければ多いだけ、その部分が日焼けしてしまいますものね。中には、肩をだすよりも袖があったほうが涼しいと感じているママもいるようですよ。

2.毛の処理や黒ずみが気になる

『肩が開いていて袖つきのトップスばっかり着ている。ノースリーブは好きだけど処理怠りそうで着れない』

『ほとんどの人が脇、黒ずんでいるよね。あれ見ていると恥ずかしくなる。一般人できれいな人なんてたまーにいる程度。私も出せないわ』

毛の処理や脇の黒ずみが気になるという方も。ファッションを楽しみたくても、脇が気になってしまうと楽しむことができませんね。

3.体型が気になる

『産後体重は戻ったのに腕太くなって無理だわ。ノースリーブが羨ましい』

『肩だすの嫌だわ。肩幅があってガッチリだから』

二の腕や肩幅など体型が気になっている方もいるようです。袖があれば体型カバーになるため、ノースリーブが着たくても袖ありの洋服を選ぶ場合があるようですよ。

4.室内の冷えが気になる

『日陰とかクーラーが効いている室内に入ると、肩がでているとすぐ冷えてしまう……。カーディガンもいいけれどそれ込みでコーデを考えるとどうしても羽織ったものがメインになってしまう気がして、どうせなら気に入ってるトップスそのまま着たいから袖あり派』

室内の冷えが気になるというコメントも。屋外よりも室内にいる時間の方が長ければ、トータルコーディネートを考えたときに袖がある服の方が無難なのかもしれませんね。肩を出している方も、隠している方もそれぞれいろいろな理由があるようです。“自分は自分”の気持ちでファッションを楽しめると良いですね。

文・物江窓香  編集・一ノ瀬奈津

関連記事

脇の黒ずみをキレイにできる方法はある?ママたちのケア方法や意外な本音まで
寒い季節が終わって暖かい日が増えてくるにつれて、自然と肌の露出が多くなるママもいるでしょう。冬の間は服で隠せたけれど、薄着するならばキレイにしなくては……と感じる体の個所も少なくないのではないでし...
剃る派?抜く派?しっかりケア派?ママたちの「脱毛事情」とは
「脱毛に通いたい!」ママ友から突然こんなLINEが! 無駄毛の処理……。育児の日々に追われて、すっかりそんな気持ちを忘れていた私は衝撃を受けました。 一言で「脱毛」と言っても、方法はさまざ...
女性の大敵であるムダ毛……自己処理?医療脱毛?ママたちの処理方法とは
女性の大敵のひとつといえば、ムダ毛ですよね。「どんなときでもキレイにしておきたい!」というのが女心。しかし、時間がなかったり、意外と処理が面倒だったりと、なかなかそうも言っていられないのが現実...
参考トピ (by ママスタジアム
肩だし、肩かくし