いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「親と離れて幼稚園なんて可哀想」と言う近所のお年寄りと、意外にわかりあえた話

「小さいうちから親と離れて園へ預けるなんて、可哀想に」こんな事を言われてしまったママさん、いませんか?

私は今まで運良く言われたことがなかったのですが、先日ついに言われてしまいました。


娘は毎日嬉しそうに通っているのに……。

モヤモヤした気持ちを抱えました。そして……。


確かに昔の話を聞いてみれば、お婆ちゃんにとってはそれが常識なので「可哀想」という感想も出るのかもしれません。でもそれは今の常識を知らないから。ちゃんと話をしてみたら「今はそうなのね」と理解してくれて、悪気はない発言だったことがわかったのでした。
最近はお見送りで会うと「小さいのにちゃんと制服を着て可愛いね、本当に可愛い」と褒めてくれるようになりました。

今と昔、それぞれの時代背景を知れば意外とわかりあえるのですね。

私が将来年をとって世間の常識が変わっても、その世代の若者たちと理解しあいたいなと思った出来事でした。

 

文、イラスト・春野さくら

春野さくらの記事一覧ページ

関連記事

先の見えない陣痛中に光が差した!助産師さんの”ある言葉”とは
私の出産の時の話です。 なかなかお産が進まないので、陣痛促進剤を入れることになりました。それまでも痛かったけれど、点滴で入れた促進剤が効いてくるにつれて、今まで経験したことのないほどの痛みが! ...
「お母さんなのにおかしい」陣痛中に私を地獄に突き落とした助産師さんの一言
いざ出産の時。なかなかお産が進まないので、陣痛促進剤を入れることになりました。それまでも痛かったけど、点滴で入れた促進剤が効いてくるにつれて、今まで経験したことのないほどの痛みが! 必死で耐える私に...
大嫌いな予防接種の注射を回避したい?3才の子どもの突飛な提案
注射が怖いお子さんは多いのではないでしょうか。我が家の娘3才ももちろん注射が大嫌いです。 3才になって受ける日本脳炎ワクチンの1回目の接種に行ったところ案の定大号泣でした。風邪もひいていないのに...