いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

音楽教室に通いはじめた年少の子、最初に買うなら安価なキーボード?高機能な電子ピアノ?

pixta_30703289_M (1)
幼児期の習いごとは付き添いや送り迎えなども含め、親子で一緒に楽しんでいるというママも多いかもしれませんね。あるママは年少のお子さんが音楽教室に通い始めたとのこと。家で練習するために鍵盤楽器を購入したいのですが、2つの選択肢で迷っているそうです。

『年少の子が大手音楽教室へ通うことになりました。電子ピアノの購入を考えていますが、簡単なキーボードでも大丈夫でしょうか?
小学校に上がる前にマイホームを購入する予定なので、もし本物のアップライトピアノを買うことになるならそのタイミングでいいと思ってます。教室の方からは、家での練習に何を使うかは「最初のうちは特に指定はありません」と言われています』

お子さんの通う音楽教室では子どもたちが歌ったり音を聴いたり、リズム遊びをしたりするそう。いずれはピアノレッスンに進む予定ですが、年少クラスではまだ楽器の購入は必須ではなく、それぞれの家庭の自由となっています。そのためママはとりあえず電子ピアノかキーボード、どちらかの購入を考えているとのこと。経験者のママたちはどちらがお勧めなのでしょうか?

お手頃なキーボードから始めたというママたちの声

安価なキーボードは電子ピアノに比べて機能が少ない分、気軽に購入できるメリットがあるそう。簡単に持ち運びができる手軽さも魅力のようです。子どもが音楽教室を気に入って続けるとは限らないため、最初はひとまず安く手に入るキーボードを購入したらどうかというコメントがありました。

『うちは年中から始めました。最初は机置き型のキーボードにしました。3万くらいだったかな? 8ヶ月くらい経ってから電子ピアノを購入しました。まだこの先習い続けるようならアップライトピアノも検討してます』

『ちゃんとしたピアノ買う予定もあるなら、とりあえずキーボードでもいいと思うけど。私のまわりでも幼稚園の間はキーボードでやってた子いたよ。あと小さいうちは買わずにピアノをレンタルしてる人も多い』

『電子ピアノを探そうと思ってもなかなか高いし、最初は別にキーボードでもいいと思う。わが家は引越しを控えていたのでひとまずキーボードを1年間使いました』

キーボードでは物足りないかも?電子ピアノをお勧め

より本物のピアノに近いという電子ピアノの購入をすすめるママたちの声もありました。キーボードとは鍵盤のタッチ、つまり押さえた指の感じる力が全く異なるのだそうです。安価なキーボードでは鍵盤の重みまでは再現されていないため、いずれピアノを本格的に習う可能性があるならばお勧めはしないそうです。

『ただのキーボードよりも、ちゃんとした電子ピアノの方が良いよ』

『キーボードは鍵盤が軽すぎるからせめて電子ピアノじゃない?』

『キーボード買うくらいなら電子ピアノがいい。タッチが違いすぎて上手くならなさそう』

キーボードでは子どもが物足りなくなり、すぐに電子ピアノに買いかえることになるのではと二度手間を心配する人もいました。またいずれ本物のピアノを購入することになったとしても、ヘッドフォンをして音を出さずに練習できる電子ピアノは役に立つというアドバイスもありました。

『キーボード買うくらいなら絶対電子ピアノ。安めのものを買って買いかえるくらいなら、少しいい電子ピアノ買っておけばいいと思う。ある程度のレベルまでは電子ピアノで十分』

『キーボードはタッチが軽すぎるし、強弱も全くつけられないから、せめて15万以上の電子ピアノを買った方がいいと思う。マイホーム建ててアップライト買ったとしても、夜はヘッドフォンして電子ピアノ弾いたりもできるし』

『うちも購入するときいろいろと試してみたけど、10万以下の安いものは鍵盤が軽すぎると感じた。続けられそうなら、アップライトピアノに変えたらいいよ』

いずれ本物のピアノを買うならどちらでもOK

マイホームを購入した後は、アップライトピアノの購入も考えたいというママ。本来のピアノは指で鍵盤を押し下げると、ハンマーが弦を打って音が鳴る楽器です。電気で音を出すキーボードや電子ピアノとは全く仕組みが異なるよう。お子さんがいずれ本格的なピアノレッスンに進むのであれば、ぜひアップライトピアノやグランドピアノを購入してあげてほしいとのコメントもありました。

『とりあえず電子ピアノを買って、家を建てたらアップライトを購入する。アップライトは引っ越すとき大変だしね』

『年中で始めたとき、15万の電子ピアノを買った。1年間習って本人のやる気も凄かったからアップライトに買い替えた。最初の電子ピアノ代、もったいなかったなーとも思うけど……人それぞれ、続くか分からないしね』

『私自身、幼稚園から小学1年生までは紙鍵盤。それからアップライト。中学でグランドピアノ。本当に両親には感謝しています。18歳まで続けました。楽しかったな』

今回の相談に対しては、とりあえずキーボードから始めたケース、最初から電子ピアノを購入したケースとさまざまな体験談が寄せられました。なんと幼児期は紙に書いた鍵盤からスタートして、上達するにつれてグランドピアノに至ったと語るママもいました。何を購入するとしても、音楽教室に通いはじめたばかりのお子さんが興味を持って楽しんでくれるといいですね。

文・井伊テレ子 編集・山内ウェンディ

関連記事

「ピアノ」人気に陰りが?2019年人気の習いごとはこれ!
年度の切り替わりは、「なにか新しいことをはじめたいな」と思うこともあるでしょう。「年少さんになったから」「小学生になったから」と、新学期を機に子どもの習いごとをスタートする家庭もありそうですね...
ピアノを弾くと頭がよくなる!?ピアノを習うのに適した時期とレッスンのコストは?
幼稚園にもちょっと慣れた年中さんぐらいになると、「水泳」や「ピアノ」、「英語」など習い事を始めるお友達がまわりに増えてきませんか? なかでもピアノは人間性脳科学研究所所長で脳科学者としてTV出演...
幼児の集中力をどう引き出す?自宅レッスンを行うママへのアドバイス
幼少期の自宅レッスンは、どんな習い事であれママがつきっきりで面倒をみてあげることになるでしょう。練習しようにも、グズったり甘えたりしてママを悩ます子どももいるかもしれません。ママは一生懸命にな...
参考トピ (by ママスタジアム
年少、ピアノの購入について