いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

平成生まれの赤ちゃんに対して「残念」と言う義母。令和生まれなら良かったの?

pixta_48492645_M (1)
2019年5月1日より新しい元号「令和」の時代がスタートしました。出産予定日を控えていたママたちの中には、子どもの誕生が「平成」か「令和」のどちらになるか気になっていたという人もいるのではないでしょうか。ママスタBBSには、元号が変わる直前の4月30日夜に子どもを産んだママからの相談が寄せられていました。

『子どもが生まれたのが2019年4月30日の22時。ギリギリ平成のうちでした。義母の第一声が「令和になってからが良かったのにね、残念」でした。
もちろん「かわいいねー」とも言ってくれたのですが、「残念残念、令和令和」ってそればかりブツブツ言うので落ち込んでしまいました。平成最後の生まれだとみんな残念に思うのかな……』

お義母さんによると、既に新元号「令和」になることが決まっているため、「平成」生まれには古いイメージがあるのだそう。残念だと言われてしまうと、せっかくの赤ちゃんの誕生を喜んでもらえなかったようで落ち込んでしまいますね。BBSにはどのようなコメントが寄せられたのでしょう?

平成最後の日に生まれた子、どう思う?

平成に生まれたわが子は「残念」なの? この質問に対してトピックには「むしろラッキー」と前向きなコメントが多く寄せられました。元号が変わる直前に生まれた子は、特別な日に生まれた幸運な赤ちゃんと感じるそう。ママたちからは落ち込む投稿者さんを励まし、産後の身体をいたわる言葉がかけられていました。

『平成最後のラッキーベビーじゃない! とても幸運な赤ちゃんだと思いますよ! ゆっくりお休みになって下さいね!』

『出産おめでとう! 平成最後の日に出産なんて希少だわ!』

『平成最後の赤ちゃん! 凄いじゃん! 令和も何日か過ぎるともう「新元号に生まれたからって何?」って感じだし、気にしちゃダメだよ! 赤ちゃんいいなぁ、おめでとう!』

『お疲れさま。令和生まれの子はこれからでも産めるけど、平成生まれの子はもう産むことはできないよ』

『むしろ、平成最後の年に生まれた子の方が希少じゃない? しかも同じ学年で平成は1ヶ月しかないんだよ?』

『平成最後の日って特別感満載じゃないですか? うちの子も2019年4月生まれですよ。同級生での平成生まれ同士よろしくお願いします。産後のお身体、休める時に休んでくださいね』

お義母さんの言葉に対する怒りの声も

生まれてきた赤ちゃんに対して「残念」というのはあまりに心ない言葉で、投稿者さんが落ち込むのも当然かもしれません。トピックにはお義母さんに対する怒りのコメントも寄せられました。

『ひどいね。第一声が誕生を祝ってくれないなんて。「ショックだった」って旦那に訴えてやりなよ!!』

『まず無事に生まれたなら元号なんかどっちでもいいだろうと思うけど。酷いことを言うお義母さんだね』

『心身ともに疲れきっている投稿者さんに対して、残念だなんて言える性格のほうが残念』

お義母さんの言葉など気にしないでという声を寄せてくれたママたちも。ジョークのひとつも返して笑い飛ばしてしまえば良いと励ましてくれました。

『お義母さんはつい余計なことを言ってしまうタイプなのかな? その時だけなら悪気はないと思うからスルーしてあげて』

『また似たようなこと言われたら「昭和がかなり昔に感じますね~~~」って笑顔で言う』

『微笑みながら「そんなに令和の子がよければお義母様がお産みになったらどうでしょう?」って言っておやり』

平成でも令和でも可愛いわが子!

ママにとっては平成生まれであろうと令和生まれであろうと、可愛いわが子であることに変わりありません。元気に生まれてきてくれたことに感謝し、今は赤ちゃんとの時間をゆっくり楽しんでほしいという声が寄せられました。

『平成ギリギリだろうが令和になってからだろうが、母子が健康なのが一番だから。お疲れさま!』

『私は誕生日は赤ちゃんが選んで生まれてくると思ってるから、平成に生まれたかったんだな~って思うだけです』

『お義母さんの言葉を気にするだけ時間の無駄。元気に生まれてくれてありがとう、ってそれさえ言えたらいいんだよ。どんな日に生まれても赤ちゃんは特別だよ』

『おめでとう! 平成でも令和でも関係なし! 可愛い赤ちゃんとの時間を楽しんでね!』

今回BBSに寄せられたのは「平成」から「令和」に変わる瞬間を経験したママならではの相談でした。しかしいつどんな風に生まれたとしても、ママにとっては愛するわが子です。他人が発するネガティブな意見など、全く気にする必要はないでしょう。生まれてきた赤ちゃんに対して心ない言葉をかけられ傷ついているママは、ぜひトピックに寄せられた励ましのコメントを参考にして下さいね。

文・井伊テレ子 編集・山内ウェンディ

関連記事

出産後はじめての義実家帰省 初孫フィーバーの会話に「違和感」
息子を産んで、はじめての義実家に行ったときのことです。 義実家は新幹線で3時間ほどの場所にあるため、生後半年ではじめて帰省しました。息子見たさに集まる親戚たちに、交代交代で抱っこされていく息子。話題...
生まれたてがガッツ石松似の赤ちゃん、行く末は……?
育児雑誌を見ていると、目がぱっちり、ほっぺがぷっくり、やわらかいタオルに包まれた、キラキラして天使のような赤ちゃんの写真が登場します。 しかし、そんなキラキラしたイメージを持っていざ、生まれた赤...
想像と違った?感動というよりただリアルなママ達の出産エピソード
みなさんの出産シーンは、出産前に思い描いていたイメージ通りでしたか? 出産を控えたプレママ達にとって、初めての出産は、痛みはどのくらいか、どのような経過をたどるのか、全て未知の世界です。そこで、テレビ...
参考トピ (by ママスタジアム
ギリギリ平成に子供を生みました