いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

誰にも聞けない密かな疑問!「洗濯物を外に干さない人の理由を知りたい!」

洗濯物 外 部屋干し

誰にも聞けないけれど、実は密かに気になっているということはありませんか? ある投稿者はみんなの洗濯物について気になることがあるようです。

『空気が悪いところでもないのに、洗濯物を絶対に外に干さない人はなんで? 布団やシーツやラグなども干さないの?』

この質問に洗濯物を外で干さないママたちがコメントしてくれました。

近隣トラブルがあるから

『隣の住人がベランダでタバコ吸うから臭いが洗濯物につく! だから部屋干ししてるけどほんとに迷惑』

『私も後から越してきた隣のタバコのせいで部屋干しにしている。うちのテラスの真横を喫煙場所にされた。テラス代金何十万の損害だよ。換気も気軽にできないし最悪』

『隣のおばさんが体を左右にして洗濯物を覗き込んでるのを見て以来、気持ち悪くて部屋干し』

せっかく選択したものに臭いがつくのは嫌ですよね。下着などを干している場合、人の視線も気になることでしょう。近隣の人のタバコの臭いや、視線が気になって外に洗濯物を干せない人がいるようです。

部屋干ししているから

『部屋干しの方が楽だから』

『年中部屋干しだよ。空気悪いわけではないけど、外に干すと何か変な臭いつくの。庭が土だからかな』

部屋干しの方が、外に干すより楽だからといったコメントもありました。家の作りや帰宅の時間などさまざまな事情があるのかもしれませんね。

花粉などがつくから

『今は花粉がヤバいから干さない。布団類も乾燥機使っている』

『花粉、黄砂の時期は干さないよ。布団は年中乾燥機、ラグ類はコインランドリーで洗濯、乾燥。靴も洗ったら脱水だけして室内干し。下手に外に出すより暖房つけてるから乾きが早い』

『知り合いで、洗濯したら隣がお風呂場で、乾燥機付いてるから風呂場に掛けて洗濯は終わりって方がいる。外に干すと入れたり出したり面倒だし花粉とか細かい砂埃が付きそうで嫌なんだって』

『虫が付くのが嫌なの』

洗濯物 外 部屋干し

花粉、黄砂、砂ぼこり、虫などの問題で洗濯物を外に干すのがいやだというコメントも。一見綺麗だと感じる洗濯物ですが、いろいろな物が付着している可能性があるのですね。

サンルームや乾燥機があるから

『うちは北海道、冬はもちろん外に干せないけど、専用の乾燥室あるからそっちのがラクで冬以外も外には干さないよ』

『すごく空気のいいところに住んでるはずなんだけど、外から帰ってくると、服についているのに反応して空気清浄機のpm2.5のランプが真っ赤になるので、干せなくなった。アレルギーの子どももいるし、ドラム式洗濯機あるから乾燥できるし、その方がふわふわで気持ちいいから。布団も靴も布団乾燥機が最強だし』

『なぜ外干ししないかというとメリットがないから。サンルームか物干し部屋で除湿機かけるか乾燥機が最強だと思っている。布団は干すより布団乾燥機が良い。時間も天候も時期にも全く左右されず、全部自分の自由にできるので楽だしストレスなし』

外干しよりも、サンルームや乾燥機を利用した方が楽だし清潔だと思うというコメントがありました。乾燥機の仕上がりに満足しているというコメントも相次いでいます。洗濯物を外に干さない方は、それぞれの事情や思いがあることが分かりましたね。洗濯物を外に干すかどうかは迷っている場合は、ママたちのコメントからメリットやデメリットを比較してみるといいかもしれません。そこに自分の好みや都合も加味しながら決めていくと良いのではないでしょうか。

文・物江窓香 編集・しのむ イラスト・はなめがね

関連記事

真冬の洗濯物は”外干し”・”部屋干し”どちら派?乾きやすさ以外にも理由あり
寒い冬、皆さんは洗濯物を外に干して乾かしますか? それとも室内に干して乾かしますか? 真夏であれば日本列島どの地域でもジリジリとした太陽の下、数時間でカラッと洗濯物が乾きますが、冬の気候は地域...
今日から真似できる!「部屋干しの洗濯物」を早く乾かす裏ワザ
天候や急にその服が翌日必要になったときなど、部屋干しを余儀なくされる日もありますよね。部屋の中に洗濯物があると、邪魔になることも多く、乾くまでに時間がかかったり、生乾きの臭いがしたりするのも嫌なもので...
「平干し」マーク知ってる?ニットの洗濯に最強アイテム登場!
寒い冬場にかかせないニット衣類は、普通の衣類よりも洗濯に気を遣います。株式会社ダイヤコーポレーションが全国20~49歳の女性に対して行った、ニット衣類の最新洗濯事情についての調査では、「ニット...
参考トピ (by ママスタジアム
空気悪いところでも無いのに洗濯物を絶対に外に干さない人