いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

子どもの家庭訪問が廃止された!ママたちは残念に思う?それとも歓迎する?

pixta_10806435_M (1)

みなさんは家庭訪問を経験したことはありますか? 家庭訪問は園や学校の先生が担任するクラスの子どもたちの家を一軒一軒訪ねていく行事です。玄関先で済む場合もあるようですが、地域によっては先生が家に上がるため、ママが家の掃除やお茶出しなどに気を遣うという声もあります。

『ついに家庭訪問が廃止された。息子の小学校では来年度から家庭訪問がなくなり、希望者だけ学校での個人懇談になりました』

ママスタBBSには、家庭訪問がなくなったことを歓迎するトピックが立てられていました。投稿者のママが言うように、最近になって家庭訪問が廃止されたというケースは多いのでしょうか。

家庭訪問がなくなったというママたちの声

寄せられたコメントによると、昔は実施されていたけれど今は廃止になったという地域は他にもあるようです。

『うちのほうは10年以上前になくなってるよ』

『まだ家庭訪問あったの? うちの子の学校は何年も前からなくなってるよ』

『うちも来年度から廃止』

先生がクラスの子の家を回っているものの、特にママが応対する必要はなく、外から場所を確認するだけというケースもあるよう。家庭訪問の代わりに保護者が学校に出向いて面談する機会が設けられているという声もありました。

『うちの子の小学校も中学校もないよ。1学期の面談は必ず行かなきゃならないけれど』

『うちの子の学校は家庭訪問がない。先生が家の場所を把握するために確認には来る』

『うちの地域もだいぶ前から小中学校ともないよ。この期間は先生が生徒の家を確認すべく自転車で回っている』

『家庭訪問(平日、玄関立ち話)か、もしくは土曜日の懇談(7分程度)の好きな方が選べる』

家庭訪問は必要だと思う?思わない?

投稿者さんのように廃止されることを喜ぶ人がいる一方、実施した方がいいと思う人もいるようです。あなたは家庭訪問があった方がいいと思いますか? なくてもいいと思いますか?

先生と保護者双方の負担になるためなくてもいい

『まぁ、働いてる人も多いだろうし、なくてもいいんじゃない? 私は学校での様子や心配ごとも聞きたいから、懇談は希望するだろうけれど』

『家庭訪問、先生にとっても負担が大きいよね。時代に合わないと思っいた。年に一回家をキレイにできるいい機会だったけれど、なくしても支障はないと思う』

『先生の負担を減らすためにも廃止したほうがいいよ。個人面談で親が学校へ行くほうがお互いにとって楽だと思う』

働く保護者にとっては、平日の午後に行われる家庭訪問のために時間をやりくりする必要があります。先生が家に上がるとなれば、片付けや掃除などの準備も必要でしょう。また子どもたちの家を一軒一軒訪問しなければならない先生の負担も心配し、わざわざ家庭訪問をしなくてもいいと考えているようです。

訪問して各世帯に目を配ることも必要

『家庭訪問がないと、問題のある家庭が見過ごされちゃうかも』

『虐待とか防ぐには家庭訪問は必要だよね』

『先生が受け持つ子どもたちの生活環境を見るのも大事だと思う』

家庭訪問を必要な行事だと考えるママたちからは、担任の先生に子どもが暮らす環境を確認してもらうことは大切だという声が挙がりました。なかには深刻な事情を抱えている家庭もあるかもしれないので、先生が訪問することは問題に気づく重要なきっかけになるそうです。

訪問時期が忙しい4月でなくてもいい

『家庭訪問って4月にやる意味あるのかな? 担任の先生も受け持ったばかりで、まだどんな子なのかが分からないんじゃない?』

『子どもの学校は4月下旬に毎年家庭訪問だけど、先生もまだ子どものことが分かっていないし毎年話すことがない。廃止にしなくてもいいから夏休み前とかにしてもらいたい』

『別に春にやらなくてもいい。まぁ先生がどんな子か知るためのものなんだろうけど、親としてはしばらく経ってからのクラスでの様子を知りたい』

家庭訪問は新学年が始まったばかりの4月に行われることが多いようです。しかし慌ただしい時期に各家庭を回らなければならない先生は大変かもしれません。ママも教室での子どもの様子が知りたいので、数ヶ月経って落ち着いた頃に実施すればいいのではというコメントもありました。

今回のトピックでは家庭訪問について必要だと思う、廃止でもいいと両方からの意見が寄せられました。しかしママたちは、担任の先生が家に上がる昔ながらの家庭訪問は減っていく傾向にあると感じているそう。保護者が自宅で応対しなくても良いような別の方法を取る地域が増えているようです。家庭訪問が廃止された学校では、代わりに先生が校区内を巡回して家を確認したり、保護者が学校へ出向いて面談したりといった機会が設けられていました。家庭訪問のあるなしに関わらず、担任の先生と保護者とが上手く連携し、子どもが充実した学校生活を送れるようサポートしていけたらいいですね。

文・井伊テレ子 編集・木村亜希

関連記事

家にいるのに家庭訪問や参観日をスルーする旦那。子どもに無関心な振る舞いに心がモヤモヤ
ママと旦那さんとで子育てに関する「温度差」を感じることはありませんか? 子どもの学校行事や家庭訪問、何か問題があったときや、なんでもない日常会話の中。そこかしこに、自分と旦那との子どものことに...
先生にお茶菓子って必要?「家庭訪問の悩み」を元教諭に聞きました
新学期が始まり、これから家庭訪問の時期になると「先生にお茶orお茶菓子って必要?」と気にするママも多いと思います。 今回は、そんなママたちのために実際に家庭訪問の時にした「おもてなし」例や、...
電話で欠席連絡は禁止!?イマドキの「小学校」事情に戸惑うママたち
子どもが小学校に進学した際、学校側と保護者の関わりが少なくなり驚いたことがあります。 子どもに関しての相談はまず連絡帳を通して行い、次の日の持ち物は子どもが連絡帳に書き写したものを元にしてい...
参考トピ (by ママスタジアム
ついに家庭訪問が廃止された