いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

季節を問わず一年中マスク姿なのはなぜ?ママたちがマスクをつける理由とは

インフルエンザ等の感染症や花粉などのアレルギー対策として、マスクを利用するという人は多いのではないでしょうか。ポリウレタン素材の洗って繰り返し使えるマスクや、花粉内のタンパク質を分解してくれるマスクなど、使う人のニーズに合わせてさまざまなマスクが販売されているようです。今回ママスタBBSに投稿されたのは「常にマスクを装着している友人」のお話です。

『友人にいつもマスクをしている人がいます。夏場まで汗かきながらマスクしているので「暑くない?」って聞いてみたら、「周りからの視線が怖くてマスクをつけてる」って言ってた。一年中マスクしている人増えたよね』

マスク1
投稿者さんによると、友人のようなマスク姿の人を最近多く見かける気がするとのこと。なぜ一年中マスクをつけている人が増えたのだろうと疑問に思っているようです。それに対して日頃マスクをつけているママたちからさまざまな理由が寄せられました。

ママたちがマスクをする理由は?

ママたちはどんな理由でマスクをつけるのでしょうか? 集まったコメントをご紹介します。

花粉などの異物が身体に入り込むのを避けるため

『花粉症だからマスクしてる』

『私は花粉で2月からマスクしてるわー』

『インフルエンザの流行時期が終わったから、そろそろマスクを外せるかと思ってたら、今度は花粉が凄くて。結局半年近くマスクして外出してるわ……』

『少し前はインフル、今は花粉症。私の住んでる地域はGW明けまで飛散が続くらしい。もうしばらくは手放せない』

マスク2
ママたちからは「花粉症だから」という理由が多く寄せられました。マスクをするのはアレルギーの原因になる物質が身体の中に入るのを防ぐためだそうです。花粉症を引き起こすのは春を中心に花粉が飛散するスギやヒノキだけではありません。カモガヤやオアワガエリなどのイネ科の花粉は種類が多いために、春から初秋までの長い期間飛散するそう。またブタクサやヨモギ、カナムグラは夏の終わりから秋にかけて飛散します。アレルギーを多く持つママは、さまざまな種類の花粉にずっと悩まされ続けるという場合もあるかもしれませんね。

鼻や喉を保護するため

『気管支が弱いから、乾燥が酷くなる冬場は常に付けてる』

『冬場は喉の加湿が必要だから、マスクで保湿を心掛けて感染予防してるって感じ。喉弱いんだよね』

『喘息持ちだし、寒暖差で体調が悪くなるから年中マスクしてるよ。したくないけどね』

筆者も気管支が弱く、口の中や喉の乾燥を防ぐためにマスクをすることがあります。他にも唇の乾燥を抑え、鼻の下や口の周りの皮膚の保湿にも役立ってくれるので助かっています。

お化粧をしていない顔を隠すため

『どスッピンの時はマスクで近所にお買い物』

『マスクしてると確かにラクだよね。ちゃんと化粧しなくていいし』

ちょっとそこのスーパーまで行きたいな……でも「すっぴん」だしな……。そう考えたときに威力を発揮するのがマスクのようです。マスクをしていれば顔の半分近くが覆われてしまい、知り合いにもすぐには自分だと気づかれないので、たとえ化粧をせずとも安心して出かけられるというコメントがありました。
一方ですっぴんをマスクで隠すことについてはこんな声もありました。

『マスクをすると表情を隠せるし安心感はあるよね。でもどこかで「マスクをずっとしてたらほうれい線が濃くなった」っていうのを見て、表情筋を使うことや見られてるっていう意識をするってことは大事なんだなって思った。だからできればマスクをしないようにしている』

美容のためにはマスクを使わず、適度に周囲に見られることで緊張感を保った方が良いと考えるママもいるようです。

周りからの視線が怖いという友人。マスクは解決策になるの?

投稿者さんの友人は「周りからの視線が怖くて」マスクをつけているとのことでしたが、マスクをつければ怖くないのでしょうか。筆者が実際に子どもから聞いた話によると、同じ理由で常にマスクをしているクラスメイトがいるそうです。顔の一部を隠すことは安心感につながるのでしょうか?
東京成徳大学臨床心理学研究が発表している論文のなかでは、「人と話さずに済む」、「人目をさけるために」という理由でマスクを着用している人もいると触れられています。マスク着用による直接的な効果や心理的効用については明らかになっていないようですが、さまざまなツラい気持ちを軽減できるのであれば、マスクを解決方法のひとつとして取り入れてもいいのかもしれませんね。

マスクを清潔に保つ気づかいを

一年中マスクをしている人が気になったという投稿者さん。確かに暑い夏のさなかにマスクをしていると目立ちそうですが、季節に関わらず風邪をひくなどしてマスクをしている人はいるでしょう。持病があり感染症を避けたい、アレルギーの原因物質が季節性のものではなく一年中飛散しているという理由も考えられます。マスクをすることで少しでも快適に過ごせるのであれば、暑いさなかにマスクを装着していても何も不思議ではないかもしれませんね。
ただマスクをずっと使い続けている人は清潔感が気になるという声も挙がっていました。

『マスクを使い捨てしていなくて、黄ばんでいるのが気になった』

『何日同じマスクしてるんだろう……っていう年配の人を見かける。ガーゼタイプだから余計に汚れているのが分かる』

『くしゃみの跡なのか、マスクに点々のシミができてて不潔っぽく感じる人がいた』

マスクが汚れていたり、繰り返し装着して黄ばんでいたりすると不衛生ですし、周りの人にも悪い印象を与えかねません。さまざまな理由でマスクをつけているママたちは、どうぞ衛生面に配慮しながら活用して下さいね。

文・櫻宮ヨウ 編集・井伊テレ子 イラスト・猫田カヨ

関連記事

マスクでメガネがくもらない ちょっとした「工夫」とは?
ウィルス対策や防寒、花粉症予防と、なにかと大活躍な“マスク”。形のバリエーションが多く、布マスクを愛用する方もいらっしゃることでしょう。 しかしマスクと相性が悪いのが“メガネ”です。ふたつを...
「やっているつもり」の花粉症対策、どこまでできていますか?
鼻がムズムズ、くしゃみが止まらない、目がかゆい、肌もカサカサ……この症状が出たら花粉症のサインかも!? 花粉症対策メガネにマスクでブロックしても、時すでに遅し。目はかゆくて真っ赤、顔もかゆくて、くしゃ...
花粉による「肌荒れ」 医師が教える対策法とは?
そろそろやってくる花粉の季節。早いと1月下旬から症状が出てくる方もいらっしゃるかもしれません。花粉症はくしゃみや鼻づまり、目のかゆみなどを引き起こすことはよく知られていますが、花粉が肌荒れの原因に...
参考トピ (by ママスタジアム
マスク依存の人増えたね