いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

35歳で3人目の子どもが欲しいと悩むママ。気力・体力・経済面、不安や悩みはつきないけれど産めるなら産みたい!

pixta_26269793_M

生活スタイルが多様化する世の中で、人生の岐路となる悩みも昔と比べて幅広くなっているのかもしれません。結婚は何歳までにするのがベストだとか、子どもは何歳までに産んだほうがいいとか、まだまだ余計なことを言われはするものの、自由に自分で選択できるようになってきましたよね。だからこそ悩むことも増えているのかもしれません。今回ママスタBBSに投稿されたのは、35歳のママからの出産に関するお悩みでした。

『35歳で3人目が欲しいけど迷ってる』

すでに小4と6歳になるお子さんを持つ投稿者さんは、3人目のお子さんが欲しいと考えているようです。少子化が加速するこの世の中で、3人目を望むママのなんと心強いことでしょう。しかし、35歳という年齢でいろいろと悩み、迷うこともあるようです。

35歳で出産・育児はきついですか?

『35歳でまた出産・子育てってきついかな?』

35歳といえばまだまだ気力・体力ともに元気なイメージがあるのですが、個人差があるのもわかります。それに子育てというのは1年や2年で終わることではないので、先のことを考えるときついのかもしれないと投稿者さんは迷っているようです。

体力面での不安

『上の子が可愛がってくれるから楽と言われるけど、学校で上の子がいないときはマンツーマンで公園。走って追いかけるのとか体力的にかなりキツイって37歳で3人目を産んだ友だちが言ってた』

まだまだ手のかかる2人のお子さんの子育てをしていることと現在の年齢を考えると、体力面でまず不安な投稿者さん。お産までの約10ヵ月間を乗り切る体力と、その間にこなさないといけない上のお子さんの育児と家事。一度にいくつもの家事育児やそれにまつわる用事が出てくるわけですので、そこをどう乗り越えれるかが勝負となりそうです。家族の協力を得たり、使えるサービスは徹底的に使ったりなどして、いかに体力面での余裕を作り出すかが重要となりそうです。

経済面での不安

『迷うなら、全てはお金次第。みんな、お金に余裕があるから3人目考えられるんだよね。お金さえ十分に余裕があれば考えたかも』

子どもの数が増えると悩ましくなるのは、これから先にかかる必要経費の問題です。経済面で無理がないのであれば出産に踏み切ることはありだと思います。妊娠中や産後のあれこれに対し、お金があれば乗り越えられることが多いとママたちもよく分かっているのです。それを別として、産まれてくる子どもが成人するまでにかかるお金の工面ができるかどうかも考えると悩んでしまいますよね。

激励するママたちの声

『37歳で4人目を産んで、今41歳で5人目妊婦だけど、経済的に大丈夫なら産んでも大丈夫かなと思う。体力的にはきついこともあるけど、とにかく可愛いよ』

『上の子たちたちが大きいし大丈夫なんじゃない? 一緒に可愛がってくれるよ。3人め可愛いだろうね。欲しいなら今だよ!』

晩婚化であったり、初産の年齢があがってきたりしている昨今、「35歳ぐらいなら大丈夫」「頑張れ!」というような、投稿者さんを激励する声の多いこと、多いこと! 優しいママたちの声に、見ているこちらまで嬉しくなりました。体力・経済面での不安や、心配ごとというのはなしにはできませんが、それでも子どもが欲しいと願う気持ちをまず大切にしてほしいとママたちも願っているのかもしれません。

反対意見もある

『体力的にきつい。精神面とか。やっと上の子は口でわかる歳になったのに、熱もあまり出さなくなったのに……とかね。歳が離れてるのも大変だよね』

『経済的はもちろんのこと、おばあちゃんみたいなお母さんはちょっと……』

体力的な問題に加え、精神面の問題は見て見ぬふりできない問題です。この点は先にしっかりと考えたり家族で話し合ったりしておく必要はあります。また、中には若くないママが参観日に来ることを子どもが嫌がるのでは? というような意見も見受けられましたが、それを理由に子どもを諦めるのはいかがなものかと感じます。何を大切にするか、何に力を入れるのか、それを決めるのは他人ではなく自分自身ですよね。

迷うママへのエール

『迷ってる原因が年齢だけなら産む!!』

『大丈夫だよ。二人いるんだから体力的にも大丈夫だと思う! 欲しい人が沢山産んだ方がいい。がんばって!』

経済面で迷いがあるのであれば、無責任に「産みたければ産めば?」とはいえません。しかし年齢の面だけで悩んでいるなら産んだほうがいいのでは? と背中を押す声もたくさん出ていました。これから出産育児をするママの体力や気力がどれだけあるかは、ご本人にしか分かりません。だからこそ年齢という概念だけに捕らわれずに考えてみてはどうでしょう? 「もう35歳だから」と諦めるのではなく、できること、無理なことを見極め、その上でやはり産みたいと思うのであれば、筆者もぜひ一歩踏み出してほしいと願わずにはいられません。

年齢に捕らわれず、ママ個人を優先してみませんか?

35歳という年齢がどれほどのものでしょう。年齢なんてあくまでも印ではないかとママたちの声をみて感じました。子どもを産んで育てるうえでポイントとなるのは、年齢ではなくママの気力・体力、そして経済面ではないでしょうか。もちろん若いころに比べると体力の低下は否めないかもしれません。でもすでに二人のお子さんを育てている投稿者さんであれば、その経験を活かして気力・体力のリカバリーをはかることも可能ではないでしょうか? 上のお子さんと年が離れていることで、お子さんがお世話を手伝ってくれる可能性もあります。自分の年齢に関する不安はあるとは思いますが、この際年齢はさておき、ママ自身が「いける!」と少しでも思えるのであれば、一度ご家族に相談してみてはいかがでしょう。

文・櫻宮ヨウ

関連記事

ママ友に嫉妬?3人目の妊娠を伝えられて素直に喜べなかったママの気持ち
自分で選んできた人生に満足しているママでも、もし違う人生を選んでいたらどうなっていたのだろうと想像することはないでしょうか? ママスタには、あえて3人目の子どもを作らなかったのに、ママ友の3人目の...
3人目の出産を悩む”壁”とは……?妊娠を決意したキッカケ
みなさんの3人目の妊娠を決めたきっかけは一体何でしょうか?また3人目に立ちはだかる3つの壁とは?
お金がないのに2人目が欲しいという旦那……。「先立つものがなければ2人目は難しい」ことを旦那さんに理解してもらうには
子どもを育てることには思った以上にお金がかかりますよね。小さい頃はオムツ代やミルク代、洋服代など……。大きくなるにつれて学費の心配もしなければなりません。ある投稿者も、1人目で貯蓄がどんどんと...
参考トピ (by ママスタジアム
35歳で3人目