いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

まさにコーヒーのワンダーランド!「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」が2月28日オープン

aaa- コピー

2月28日、東京・中目黒に「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」がオープン。シアトル・ミラノ・上海・ニューヨークに次いで、世界で5店舗目となる「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」では、「スターバックスの妥協を許さないコーヒーイノベーション」を表した店舗として、ここでしか味わえない100種類以上の限定コーヒーや、ティー、グッズなどが展開されます。

目黒川の桜が満開になった桜並木からインスパイアされた目を惹くデザインは、世界的建築家である隈研吾氏とスターバックスのデザインスタジオとのコラボレーションによるもの。外観を見た瞬間から、店内への期待が膨らみます。

今回は、そんな大注目の「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」を、一足先に体験してきた編集部レポートをお届けします。

「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」はコーヒーのワンダーランド!スタバを楽しみつくすメインバー

S__13107229

コーヒーの工場とお店が融合したロースタリー東京に1歩足を踏み入れると、そこにはこれまで訪れていたスターバックスとは全く違った空間が広がっていました。
4階建ての店舗の吹き抜けになっている部分には、カッパーキャスク(貯蔵庫)がそびえ立っています。高さ17mと、かなり存在感のあるこのキャスクには、店内で焙煎されたコーヒー豆が飲みごろになるまで貯蔵されます。コーヒー豆はその後パッキングされ全国のスターバックスへと出荷されていくのです。

S__13107234

1階フロアのキャスク前には焙煎工程を見ながらコーヒーを楽しむことができるメインバーがあります。ここでは、豊富な抽出方法やユニークで革新的なコーヒー器具、ロースタリーで焙煎された希少なコーヒーを味わうことができます。ウィスキーの樽で寝かせた豆をコールドブリューで抽出した「バレルエイジド コールド ブリュー」(1,200円・税抜)や、メープルシロップのコクと深い甘み、絞ったレモン果汁の酸味がクセになる「カスカラ レモン サワー」(1,200円・税抜)など、これまでのコーヒーへの概念が180度変わるようなビバレッジが豊富。コーヒーというよりもオシャレなカクテルのような見た目と味わいで、ワンランク上のコーヒータイムを過ごせそうです。

その他にも、抽出時間や温度をデジタル制御しコーヒーの個性を最大限に引き出した「クローバー」(580円~・税抜)や、ガラス中で抽出される様子を視覚でも楽しむことができる「サイフォン」(720円~・税抜)もあります。

S__13107242

また、このロースタリーの楽しみ方のひとつに、パートナーとのコミュニケーションがあります。北は北海道、南は沖縄までのスターバックスで働いていたパートナーの中から選りすぐりのバリスタが集結しているロースタリー東京。まさにこの店舗のパートナーたちは「トップ オブ バリスタ!」です。スターバックスが掲げる「少しでも明るい気分、リラックスした気分で帰っていただきたい」という想いでコーヒーへの思いを語ってくれます。
筆者はバーのカウンター越しにおすすめのコーヒーや焙煎方法などの話をしながら、ここでしか味わえないコーヒーを楽しむのが、ロースタリー東京の醍醐味だと感じました。

日本初進出のイタリアンベーカリー「プリンチ®」

S__13107231

今回の取材で、筆者がとにかく感動したのがフードの美味しさ。コーヒーだけではなくフードも楽しめるというのは嬉しいですよね。「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」には、1980年にミラノにオープンしたイタリアンベーカリー「プリンチ®」が日本初出店しています。ショーケースを前に、思わずため息が出てしまうほど美味しそうな色をして並ぶパンやケーキの中で、筆者が1番心を奪われた「フォカッチャ サンドイッチ」を試食してみました。

S__13107232
食べる前から「美味しいに決まってる!」と直感するほどのビジュアルですが、実際に食べてみると塩味のあるサラミとモッツァレラの組み合わせが想像以上に最高でした。お店で焼いたフォカッチャにも程よい塩味があり、「大人のサンドイッチ!」という仕上がりになっています。ボリュームもたっぷりなので、筆者としてはランチにセレクトしたい1品。頑張る自分へのご褒美に奮発すると、日頃の疲れが吹き飛ぶほどの満足度がありますよ。

またスタッフの方おすすめのクロワッサンもサックサクでコーヒーとの相性もばっちり。その他にも、全て店内で作られる商品は約80種類もあり、時間帯によって並ぶ商品も変化するそうです。朝7時のオープンから、「スターバックス リザーブ®」のコーヒーと、「プリンチ®」のパン、新鮮な野菜を使ったサラダで朝から贅沢に過ごすことができます。訪れる時間によっても、楽しみ方が変わるのも魅力ですね。

世界最大のティバーナ™バーやオリジナルカクテルを楽しめるアリビアーモ™ バー

S__13107244

2階はスターバックスのオリジナルティー・TEAVANA™(ティバーナ)を楽しめるバーになっています。和の雰囲気が溢れるこのフロアでは、鮮やかなピンクのアイスキャンディーをジャスミンティーにトッピングした「ポップン ティー さくら ジャスミン(950円・税抜)」など、日本ならではの繊細で優美なビバレッジが盛りだくさん。

無題

コーヒーが得意ではない方は、ぜひ2階で様々な種類の中からお気に入りのティーを見つけて楽しんでみてください。ここでもパートナーが、おすすめのティーについて熱く語ってくれますよ。

3階はお酒を楽しめるフロアになっています。アリビアーモ™ バーでは通常のお酒はもちろん、コーヒーやティーとアルコールの融合を楽しめるビバレッジが多数。地元中目黒のチョコレートショップ「green bean to bar CHOCOLATE」の贅沢なチョコレートにマロンリキュール、クレーム・ド・カカオ、エスプレッソをミックスした「中目黒 エスプレッソ マティーニ」(2,000円・税抜)もそのひとつです。

2
またお好みのオーダーで、オリジナルカクテルを作ってもらうこともできます。お酒にあう、生ハムやチーズなどのフードも充実しているので、大人な時間を過ごしたい方にはこのフロアがおすすめです。

4階では、通常見ることができない焙煎したコーヒ豆を出荷する パッキングラインを見ることができます。どのフロアも、あっという間に時間が過ぎてしまうほど見どころが盛りだくさんです。

建築家・隈氏が縁側をイメージして作られたこだわりのテラスからは、あと1ヵ月ほどで満開になる目黒川の桜を楽しむことができます。満開の桜を見ながら、この場所でだけ楽しめるコーヒーを味わう時間、とっても贅沢な気がしませんか?

S__13107239

 

文・鈴木じゅん子 編集・しらたまよ

関連記事

【絶賛イヤイヤ期】とりあえず言っておこう #4コマ母道場
【第4話】言えれば満足? 漫画・んぎまむ イヤイヤ期の子どもは「イヤ」と言いたいだけ!? みなさんも「イヤ」しか言わない時期がありませんでしたか? とにかく「イヤ」ばかりの子どもに大人は...
育児の大変な場面はいつもママが担当?さりげな~く楽な方を選ぶ夫にモヤモヤ
自分の提案を自分でやってみてどうだったか、いずれ聞いてみようと思います。   脚本・渡辺多絵 イラスト・上野りゅうじん...
2019年度『おかあさんといっしょ』体操の第12代お兄さん・初代お姉さん決定!体操は『からだ☆ダンダン』へ
©NHK NHK Eテレの子ども番組『おかあさんといっしょ』 は、1959年10月に放送を開始し、60周年を迎える長寿番組です。このたび節目の年を迎えて番組内容がリニューアルされることになり、...