いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

息子のことで女の子に謝ってばかりの私を救ってくれた、ママ友の言葉

男の子は女の子に比べて精神年齢が低いと良く聞きますが、男2人兄弟を育てる私にとって女の子の「しっかり」した部分は眩しく見え、いつも「すごいな~」なんて思っていました。

子ども同士のいざこざを聞くと、親は咄嗟に「謝らなくては!」と思うことでしょう。もちろんその気持ちは大切です。けれど、大事なのは“本当のところがどうであったか”。それをしっかり確認してから、謝罪ないし解決策を練りたいなと思いました。

脚本・渡辺多絵 イラスト・ちょもす

ちょもすの記事一覧ページ

関連記事

「弟なんて大嫌い!」だった長女が下の子を拒絶していた理由
もともと活発で気が強めな長女ですが、弟が生まれてからは常に敵対視。やはり年が近いせいかな……なんて思ったりもしましたが、同い年くらいのお友達でも生まれてきた弟や妹を可愛がっている子も多い中、長女はいつ...
旦那のせいだよね?子どもの悪気ないひとことで義実家が凍り付いた瞬間
ただいま絶賛「なんで? なんで?」攻撃中の4歳娘。先日、偶然レストランウェディングをやっている光景に出会い、興味津々の娘はさっそく聞いてきました。 え!? 私――...
子どもの寝かしつけでまた、やってしまった……今日も寝落ちと格闘する私
子どもが寝た後は、待ってました! のママの自由時間。録画していたドラマを見たり、好きなお菓子を食べたり(太るけど……)、のんびり本を読んだり……まだ未就園児がいる私にとって、この夜の時間がなによりの楽...