いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

中2の息子が「ヘルメットヘアー」。髪を切らせるためにはどうしたらいい?

pixta_27660282_M幼児の頃はどんな髪型でも気にしなかったのに、おしゃれに目覚める小学校高学年から徐々に髪型を気にする子が出てきます。なかでも反抗期とオシャレへの関心が高まる中学生ともなると、さらに大変。あるママからママスタBBSにこんな投稿がありました。

『最近、中学2年生の息子が髪の毛を切りたがらなくなりました。ヘルメットみたいな頭になっています。私がどう言っても、嫌だと反抗します。ボサッとしていて見ていてイライラします。朝から寝癖を直したりしていますが、髪が伸びていて変だし、切りに行かせたいけど、切りたがらない。今までの方が良かったのになぜ変に伸ばすようになったのか。言っても聞かないし話が通じないから、さらにイライラします』

外見にこだわりを持ち始めた息子への対処法は?

前髪やもみあげ、首の後ろのえりあし部分の髪の毛が伸びていると、ママからみると「だらしがない」「清潔感がない」髪型にみえてしまうことがあります。とはいえ、子ども本人からしたら、「髪が長い方がかっこいい」と思っているのかもしれません。子どもに注意するときは、どんなふうに伝えたらいいでしょうか。

『頭髪検査があるでしょ』

『うちの学校は月一である。髪の毛が耳・眉・襟にかかってたら、めちゃくちゃ怒られる』

中学校ともなると、前髪が目にかかる長さだったり、サイドが耳にかかる長さはだめなど、学校から子ども本人に直接指導が入ることがあります。ママが注意しても聞かない場合は、学校から指導が入ったタイミングで髪を切るように促してみるのもいいでしょう。

『格好いい感じのメンズ美容室でも嫌がるの? あとは、友達と行かせるなどしてみたら。親の言うことは聞かなくても、友達と一緒だったら行ってくれるんじゃない?』

同じく髪型を気にする友達だったら、わかり合えることがあるかもしれません。

『ニキビとか急激な顔の変化で自分の顔を見続けるのが嫌になったとか? まあ今だけだと思うから、ガミガミ言わないほうがいいよ。ここで言い過ぎてこじらせたらそれこそ大変だよ』

親だと「みっともないから切りなさい」など、ついキツイ言い方をしてしまいがちなので気をつけましょう。ところで、息子さんはなぜ髪を伸ばしたがったのでしょうか。おしゃれのため? それとも切りに行くのが面倒くさい?

髪を伸ばしたいのか、散髪屋に行くのが嫌なのかどっち?

投稿者のママによると、どうやら髪を切りたくないというよりも、髪型が気になるようです。

『自分で切った前髪が気にくわないのか、急に髪を切りに行くと言っていましたが、短くなったと騒いで今は学校に行かないと言っています。全然短くないし、それで学校に行かないと言うなんてなんだろうと思います。ヘルメットだったのを少しすいたくらい』

ママからしたら、「どこを切ったのかわからない」程度のことでも、思春期真っ最中の中学2年生の男子からしたら大問題。カットしたことで前髪が変になったことは、天変地異が起きたくらいの大事件だったのかもしれません。

『前回散髪したときに、学校で冷やかされたんじゃない? 休みたがるぐらいだもん、絶対何かあったよ。息子さんときちんと話したほうがいい。投稿者さんだけでは話にならないなら、旦那さんにも加わってもらおう』

『うちも前に髪型でおちょくられて美容室に行きたがらなくなったよ。うちは他の美容室に連れて行って違う感じに切ってもらうようになって、行きたがらないというのはなくなったけど』

多感な年ごろの中学生。子ども本人だけが気にしていることかもしれませんが、クラスの同級生から、髪型についてからかわれた可能性もあります。

もし、あまりにも髪型を気にし過ぎて学校にいけないようであれば、担任の先生にクラスでの様子を聞いてみるのも手です。ママが気にし過ぎているだけであれば、あまり口うるさくいわず、「髪を切ったほうが爽やかに見えるよ」「おでこにニキビができやすくなるから、前髪は短い方がいいんじゃない?」という程度にとどめておくこと。オシャレに目覚めた反抗期の男子は、必要以上に外見を気にすることもあります。否定せず、おだてつつ、つかず離れずの距離で、「ヘルメットヘアー」の息子さんを、そっと見守ってあげましょう。

文・間野由利子 編集・山内ウェンディ

関連記事

”中学生のスマホ所持”はアリ?ナシ?ママたちが大討論会
突然ですが、スマホってすごく「魅惑的」ですよね? 瞬時に情報を入手でき、手軽に人と繋がれ、私たちはその機能に”魅了”されます。一方で、情報に振り回されたり、SNSでの人づきあいにヤキモキしたり……...
小中学生が選ぶ2018年の漢字は「恋」。思春期らしい想いがあふれる結果発表!
年末になると毎年ちまたをにぎわすニュースのひとつが、「今年の漢字」。一般公募による2018年の第1位は「災」だったそうです。たしかに2018年は豪雨や台風、地震に猛暑など自然災害がとくに多かっ...
中学生の子どものニキビが悪化……ママたちが提案したケア方法とは?
青春の象徴とも呼ばれている「ニキビ」。しかし、ニキビができてしまった当人にしてみたら頭が痛い問題ですよね。それが思春期の女の子ともなれば、ニキビのせいで憂鬱になってしまい自分の顔を鏡で見るのも...
参考トピ (by ママスタジアム
中学生男子 髪の毛を切りたがらない