いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

昔のママはどうだった?かわいく思えない”小学生女子あるある”

pixta_31532062_M

ママスタセレクトでもたびたび話題に上がるのが、「小学生男子あるある」。単純でちょっとおバカだったりと、ママたちの「愛おしい!」が爆発することもあるでしょう。
では、一方の「小学生女子」はどうなのでしょう? ママスタBBSに「”小学生女子あるある”を、なにか探してみよう!」とトピックスが立ちました。

かわいいものが大好きな、おませさん。男子はつねに目下感覚

トピックスを立てたのは、どうやら息子さんと娘さんを持つママのようです。「女の子版もやってみよう!」と言い出してはみたものの

『……男の子みたいには、すぐに思いつかない。息子にインパクトがありすぎて、娘は優等生に思える(笑)』

とはいえ、もちろんありますよ!

小物へのこだわり

『かわいい文房具が大好き』

『小さなメモ帳やシールを、こよなく大切にしている』

『お手紙のすみっこに、高確率でハートや星のイラストが描かれている。または自画像であろう女の子や、飼っている犬の絵など。おもに低学年女子』

おしゃれが大好き

『鏡を見て「私、今日もかわいい〜!」。はいはい、今日もかわいいですよ〜』

『髪の長い子がいると、休み時間に編ませてもらいたがる』

『とにかくピンクが大好き。それがあるときを境に水色に変わる』

おませさん

『まだ小学生なのに、ママたちと対等に会話ができる』

『やけに大人びたことを言う。この前ママ友の娘が言ったのは、「ああいう男にハマったら、苦労するんだから』」

『大人の会話には、つねに耳がダンボ』

『クラスにひとりは「ちょっと男子! ちゃんとそうじして!」と言う子がいる』

裏表があって、生意気な女子。これってママの姿そのもの?

ほほえましいものもありましたが、じつは多かったのが女子特有のダークなもの。

『「◯◯ちゃんが……」と、めそめそ。翌日まで引きずる』

『秘密だった話が「これ、ないしょの話だからね」と、いつのまにか広まる』

『自分にはないものを身に着けていたり、工夫している子を見ると「それ、ダメなんだよ〜」と否定する。そのくせ数日後には自分も同じものを買ってもらっている』

『3人で仲よくできない。ふたりとひとりに分かれて、悲しい思いをする子がいる』

『4年生くらいから、クラスに小姑化する子が現れる』

『私が高学年のころ仲よかった子と交換日記してたんだけど、それを不快に思った意地悪女子が、その交換日記をわざと忘れ物箱に入れてさらしものに。最低だったなぁ。とにかく女の子は、友達関係が複雑!』

いろいろな”あるあるネタ”を考えていたママたちも、しだいに気分が乗らなくなってきます……。

『”女の子あるある”は、かわいくもなんともない。生意気なだけ。うちの娘を見ているとつくづく思うわ』

『これって、本当? ”女の子あるある”かわいくない(笑)。うちの娘はまだ2歳だけど、こうなるのかなぁ……』

ママとは同じ女同士であるだけに、イヤな部分までわかりすぎてしまうのかもしれません。小学生のうちは「かわいくないなぁ」と感じることもあるかもしれませんが(笑)、大人になればこれ以上ないほどのママの理解者になってくれるかも? 「それまで待てない」というママは、なかなか見えてこない小学生女子のかわいらしさをじっくり探してみてくださいね。

文・鈴木麻子 編集・しのむ

関連記事

あの子のこと好き?嫌い? 小学生女子の闇な共感
女性は共感の生き物と言われます。今どき、女の子は…男の子は…とひとくくりに語るのは古いですが、女の子たちの中にはどうしてもグループを作りたがったり、あるものに対して「好き」か「嫌い」かで仲間意識を持つ...
「これあげる!」 小学生女子の複雑で面倒くさい人間関係
小学校に鉛筆やシールを持ってきて、「これあげる!」と言って配る。そのとき、「◯◯ちゃんにはあげるけど△△ちゃんにはあげない」となってしまう。これは全国共通でよく起こることではないでしょうか? 小...
「10歳キラキラ白書」心揺れる小学生女子に必要なのはママの共感
「ワコール」が、身体を始め環境や心が大きな変化を迎える”10歳”の女の子の実態を調査。それらをまとめた「10歳キラキラ白書」を発表しました。発表会にゲストとして登場したのは、子どもの発達に関する数多く...
参考トピ (by ママスタジアム
小学生の女の子あるある