いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

家族旅行でビュッフェに大満足!お風呂で2歳児とママに起きた珍悲劇とは

家族旅行に行きました。子ども達(4歳と2歳)は家族での遠出に大興奮。

そうこう食事を堪能していると時間があっという間に過ぎ、いつもなら寝てしまう時間になったので、楽しみにしていた大浴場に慌てて移動しました。

「あー手のひらでウ●チ受けちゃったよぉ」と思ったのも束の間。出るわ出るわ第2戦目3戦目……

そうだよね、さっきビュッフェでいっぱい食べたもんね(泣)。

全部出し切った次女は勝ち誇ったように上機嫌。

私はそのウ●チの山を持ってきたボディタオルに包み、真っ裸で脱衣所のトイレに捨てに走ったのでした。幸い!? 洗い場は仕切りで個別に分かれていたのと、入浴客が少なかったので、誰にも見つからず(たぶん)。でも脱衣所でウ●チさせてゴメンなさい。

その後入念に手を洗ってからお風呂に浸かったけれど、あまりの出来事になんとも居心地が悪く……せっかく露天風呂から名物の北海道の鹿が見られたというのに「鹿さん、今ウンチしないで欲しいなあ」なんて思ったりして、その日のお風呂はゆっくりできなかったのでした(笑)

「あ〜良いお湯だったね〜」と一人優雅なバスタイムを過ごした夫に次女の話をすると大爆笑。

 

脚本・rollingdell イラスト・むらみ

関連記事

子どもへの怒り方に悩むママが知った!怒り方は国境がないということ
警察=逮捕されると思っている息子はこの言葉を聞くと、まずいという顔をします。 こんな脅しのようなことはダメだ......と思いつつ、「警察」という肩書きに頼ってしまう私。 ...
「夫の飲み会が気に入らない」飲み代をめぐる夫婦のバトル
営業職で飲み会の多い夫。最近私に「会社での飲み代をカンパしてほしい」と言ってきました。 そこで私が考えたのは…… ちなみに、門限12時をルールにしていた時代は、...
育児の話ができる友達がいなくてしんどい……「はじめてのママ友」が意外なつながりからできた話
関西↔︎東京の遠距離恋愛の末、地元で働いていた会社を辞め旦那が働いている東京に引っ越し、結婚。ありがたいことに私はすぐに息子を授かりました。 しかし東京に引っ越してから何のコミュニティにも属して...