いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

「片付けないなら捨てるよ」が効果なしの子どもにパパが立てたお片付け作戦「おもちゃが家出?」

小1と年中の男児を育てる我が家の子どもたちに、もう何度言ったか……。
「片づけないなら捨てるよ!!!」
もはや私の口癖のようになっているこのコトバ、実際には子どもたちには全く響かず、言っている私本人も「実際に捨てたらもったいないしな……」なんて邪な気持ちがあるのは事実です。言われている子どもたちすらも口では「ヤダ――!」とか言いながらも心のどこかでは「どうせ捨てないくせに」と思っていることでしょう。言っても無駄なのに繰り返されるこのコトバ、そろそろ実行に移すべきか……。

そして今日も散らかりまくっている我が家。子どもたちは一向に片づけようとしません。「今日中に片づけて寝ないと、本気で捨てるからね……」と言っても「は~い」と言いながらも一向に見向きもせず、他の遊びに夢中です。

そして、案の定片づけないで寝てしまった子どもたち。これはもう堪忍袋の緒が切れた。


それでもたまーに忘れそうになるときは「捨てるよ!」じゃなくて「今度は帰ってこなくなるんじゃない?」と言っています(笑)。
そんなこんなで成功した我が家のお片付け作戦。年齢が小さいうちじゃないと通用はしませんが、何かの参考にして頂ければ幸いです。
ちなみにおもちゃたちは、車のトランクに入れてありました~。その間は車でのお出かけはできないのでご注意を。

脚本・渡辺多絵 イラスト・Ponko

関連記事

妊娠・育児中、社会と繋がれないことに焦燥感……幼い子どもとアリを探し続けた日々のこと
結婚後、都合でやむなく仕事を辞めた私は、長女が1歳を過ぎた頃、少し落ち着いたので求職活動をしょうと準備をしていました。そうこうしているうちに二人目を妊娠、求職活動は先延ばしすることに。 つわりが...
産後の思いがけない一人時間に興奮!二人目産後ハイが生んだ大失敗
子どもは二人欲しいなと思っていた私。 二人目の妊娠がわかり、出産する病院を選ぶ際に私が考慮したのは一人目(長女)のことでした。 当時、夫の長期出張が多く、双方の両親も遠方と頼れる人がほぼいない...
電動自転車の「操作スイッチ天面パネル」を割ってしまった!旦那には内緒で修理した話
ある日、幼稚園終わりにいつものように幼稚園隣の公園で遊んでいたところ、お友達が次々とランニングバイクを持ち込んできました。ランニングバイクではなく、16インチの自転車を持っている我が子。お友達を追いか...