いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

流行は繰り返す!?いつまでたっても戻ってこないブームってなに?

pixta_42561272_M

「流行は繰り返す」という言葉がありますね。
一度ブームになったものは、時を経て再びブームになるという意味なのですが、みなさんの中で「繰り返しブームになっている!」と感じたものはなんですか?

30代、40代のママたちにとって「懐かしい」ものが、今の子どもたちには「新しい」。
それが「流行は繰り返される」ということなのだと思うのですが、逆に「あれはもう流行らないのかな?」と思うものもあるのではないでしょうか。

そこで今回は、再びブームになったものではなく、「一度はあんなに流行ったのに、もうブームはこないの?」というものをまとめてみました。

ママたち世代の青春時代に流行ったもの

30代以降のママたちにとって「懐かしい!」ものたち。再び流行ることはあるのでしようか。

『ルーズソックス。娘が高校生になった時にもう一度流行らないかと心待ちにしてる』

『ガングロ。また流行ってきたら今度は挑戦してみたい!』

『ヤマンバギャル』

『Jリーグの帽子。小学生の時にクラスの大半が持ってた』

『白い幅広のヘアーバンド』

THE 昭和!なブームの再来はある?

『ソバージュ』

細かいウェーブをふわふわとスタイリングしたヘアスタイル。実は、形を変えて再び注目を集めているとか、いないとか……。

『ミサンガ』

刺繍糸を使って編んだバンドのようなものです。筆者が流行りの真っただ中にいた頃は、手首に巻き付けてリストバンドにしたり足首に巻き付けてアンクルバンドにしていました。好きな人とお揃いで作ってプレゼントするのが流行ったものです。

『短ラン、ボンタン』

変形学生服です。短い学ランや、幅が広いパンツ(ボンタン)、今も着ている学生はいるのでしょうか。

『肩パッド』

昔のドラマを見ると、「なぜ?」と思うほど肩パッドが入った服を着ている女性を見ますね。

『ワンレンボディコン』

身体のラインがはっきりわかるぴっちぴちのワンピース。スタイルに自信がある人しか着れない憧れのファッションでした。

『トサカの前髪。あれだけは再ブームになることはないだろう……』

前髪がうまく立った日はテンションが上がったものです。

実は密かに再ブーム!?

再ブームにならなそうなものの中に「聖子ちゃんカット」という投稿があったのですが、実は平成も終わろうとするとき、密かなブームが来ているそうです!

『今ブーム来始めてるらしいよ。今の子達には、新しい感じに見えるんだって』

『また流行り始めてるよ』

『聖子ちゃんカット。あれだけは絶対に戻ってこないと思ってたのに戻ってきて驚いてる』

『ドラマの影響で流行りつつあるらしい』

『昭和の聖子ちゃんカットとは結構違うけど、雰囲気を真似した現代バージョンが流行ってる』

もう2度と流行らなさそう! と思っているものも、実は微妙に形を変えて再ブームになっっていたりするようです。
みなさんのコメントを見て、自分の青春時代に流行ったものが娘が高校生になった頃に再来してブームになったらおもしろいだろうなと期待しちゃいます。ママたちが”もう戻ってこないだろう”と考えていたものも再ブームとなっているようですし、次にくる”再ブームアイテム”を子どもたちと予想しあうのも楽しいかもしれませんね。

文・鈴木じゅん子 編集・しのむ

関連記事

「ロケット鉛筆」覚えてる?ママが小学校時代に流行っていた懐かし過ぎるもの
流行に敏感な子どもたちのアンテナは日々めまぐるしく、その変わり身の早さに驚かされたりもします。「今度はソレ?」とか「この前のアレはどうしたの?」なんて小言を言いながら、大人から見ればたいして違...
ちびっこの間で流行った今年の言葉は?「NJ・YJ(乳児・幼児)流行語大賞2018」
2018年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞は、「そだねー」に決まりました。「えっ? どうして?」と思うようなワードが大賞を獲る年もある中で、なんとなく納得した方が多かったのではないで...
「アンテナ振って電波を探す」もはや懐かしい “ガラケー”時代あるある
10年前には当たり前に使っていたガラケーも、今や「懐かしいなぁ」と感じるアイテムになりました。子育てに追われているママたちが独身時代を謳歌していた頃には、なくてはならないアイテムだった「ガラケー」...
参考トピ (by ママスタジアム
流行りって一周まわって戻ってくるのにあれだけは戻って来ないね。