いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

子どもといるのに”会話よりスマホ”のママはなんと84%も!?イマドキ親子の会話時間はどれくらい?

pixta_39152709_M

今日楽しかった遊びのこと、仲よしのお友達とちょっとケンカしちゃったこと、給食で出た大好きなメニューのこと……。子どもとの”おしゃべりタイム”、毎日たっぷり取れていますか? 我が子と過ごす時間を大切にしたいと思うのは、きっとどのママも同じですよね。
ただ実際に毎日それができているかといえば、やや自信がなくなる人もいるのでは? 親子のコミュニケーションタイムをはばむ最大の敵、それは……スマホです!

ママが子どものころはもっといっぱい話してた?減った会話時間

子どもが幼稚園や小学校に通いはじめると、親子でゆっくり目を合わせて話をする時間が減ったように感じるママは多そうです。朝からずっと何かに追われるようにバタバタしているワーキングママなら、なおのことかもしれませんね。

子どもたちの大好きなお菓子やデザートでおなじみの「江崎グリコ」が先日発表した、イマドキ親子の「会話時間」。園児または小学生の子どもをもつ20〜40代ママ500名に聞いた結果です。さてお宅の場合は、いかがですか?

まず最初に尋ねたのが、「スマホを持つことで自分が子どもだったころよりも、子どもとの会話が減っていると思うかどうか?」です。

sub1

おそらくほとんどのママが「子どものと会話の時間を大切にしたい」と思っているはず。そう考えると約半数という結果は、かなり多いような気がしませんか?
さらに「そう思う」と回答したママにどの程度まで減っていると思うかを聞くと、平均は「62%」という結果に。つまり自分が子どものころよりも、4割近くも子どもとの会話時間が減ったように感じているのです。

子どもといるのに”会話よりスマホ”ママが、84%も!

スマホは便利なものではありますが、こんな弊害も生じているわけですね。目の前にいる相手=子どもよりも、スマホのほうに興味を引かれがちということでしょうか?
それを実感するのが、次の結果です。ここでわかるのが、「1日のうちで子どもと対面で話す時間と、スマホを利用している時間の比較」。

sub3

スマホの利用時間で一番多かった回答は、「1時間以上2時間未満」(31%)。一方で子どもと対面で話す時間は「30分以上1時間未満」(28%)がトップ。
さらに尋ねたのが「子どもと話す時間よりも、スマホ利用時間のほうが長い」かどうか? なんと「YES」が65%という結果となりました。
しかも「子どもと同じ空間にいても、自分がスマホを見てしまうことがある」と回答した人は84%に上りました。よくないこととは思いつつ、ついつい……といったところでしょうか?

寄せられた回答から、ママたちの声を抜粋してみましょう。

「自分も子どもも手が空いているときでもYouTubeを観るなど、スマホを使って過ごしてしまう」(39歳:幼稚園児のママ)

「子どもとは、つい家事やスマホ利用をしながら話してしまう」(35歳:幼稚園児のママ)

「スマホの時間を減らせば、会話が増えると思う」(44歳:小学生のママ)

そうなんです。ママたちもちゃんと、アタマではわかっているのです! 「思い当たるフシがある」とドキッとしたママは、子どもといっしょに過ごす時間くらいスマホをお休みしてみるのはどうでしょう?
スマホがなかなか手放せない気持ちもわかりますが、”子どもが寝てからのお楽しみ”にとっておくのもよいのでは? せめて15分だけでも、今までスマホに使っていた時間を子どもとのおしゃべりにあてられるといいですね。

[調査概要]
・調査対象:幼稚園または小学生の子ども(末子)がいる20~40代ママ500名 ※個人用のスマホを持っていると回答した人
・調査期間:2018年8月24日(金)~2018年8月27日(月)
・調査方法:インターネット調査
江崎グリコ株式会社

文・鈴木麻子 編集・しらたまよ

関連記事

ママ友や友達との会話は主に健康について。40代ママのナイショの実態
「20代なんてあっと言う間だよ」と周りから言われて、本当かな? と思っていた当時の私。確かに20代は過ぎてみれば本当にあっという間。しかし、30代はそれ以上のスピードであっという間に過ぎていきました。...
出産後はじめての義実家帰省 初孫フィーバーの会話に「違和感」
息子を産んで、はじめての義実家に行ったときのことです。 義実家は新幹線で3時間ほどの場所にあるため、生後半年ではじめて帰省しました。息子見たさに集まる親戚たちに、交代交代で抱っこされていく息子。話題...
親との会話が原因!?子どもが社会で活躍するための「3つの要素」 #ママが知りたい子どもの教育
学生時代が終わり、社会に出てからも伸び続ける「あと伸びする力」。この「あと伸び」をする子にはある共通の特徴があるといいます。子どもの「あと伸びする力」を伸ばすために、親が気をつけるべきこととは? 「花...