いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

子どものイヤイヤ期「あと1年もすれば楽になるよ」と励まされたけど……遠い光より近くの小さな光に救われた話

娘がイヤイヤ期ピークだった2歳の頃のお話です。
ある日、児童館で遊んだ後。娘に「もう帰るよ」と声をかけたとたん、まだ遊び足りなかったのか「イヤアアア!」と癇癪を起こし床をゴロゴロと転がり泣き出しました。


その「一年後」という言葉よりも、私を楽にしてくれたのは児童館からの帰りのドライブでした。家で昼寝をさせると、すぐ起きてしまうし、寝起きの機嫌も悪い娘。でも車で眠ると、比較的長く寝てくれました。
そして帰りのドライブ中、娘が寝たことを確認すると……


私は急いでファーストフード店のドライブスルーへ直行!
いつも車内で流している子ども向けの曲ではなく、自分の好きな曲を小さな音で聴きながら、一人でこっそり食べるシェイクやポテトは幸せの味でした。疲れた心と体にじんわりと染み渡っていくようでした。

「一時保育を利用して夫婦だけで外食する」とか「一人でエステに行く」とかだったりでもいいんです。「自分のための時間」って本当に必要なことだと思います。
私は今、出口の見えないトンネルに迷い込んでいる人に、道の途中にある小さな光をたよりに、進んでいってほしいと思っています。

 

文、イラスト・三津キヨ

関連記事

娘のイヤイヤを意外な方法で静めてくれたおばあちゃん
娘が2歳のイヤイヤ期真っ盛りの頃のお話です。 その頃はスーパーへ買い物に行っても、ひどく癇癪を起こして結局買いたい物もろくに買えず急いで帰る……という日がたまにありました。 ...
親子で虫が苦手だったはずが……娘よりママがダンゴムシのとりこになった話
小さい子どもって、本当に虫が好きですよね。 周りの男の子ママから聞く、さまざまな虫エピソードをドキドキしながら聞いていましたが、幸いうちの娘は虫が苦手。捕ってくることはないかな~と安心していました。...
育児家事仕事で疲れたときにいかが?「子どもと一緒に子どもになる日」
毎日続く、育児、家事、仕事の日々。たまに疲れがたまってどうしようもない日があります。そんな時、私は「子どもと一緒に子どもになる日」を作ります。 いつもだったら、「お母さん遊ぼう~」と誘う...