いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

娘のイヤイヤを意外な方法で静めてくれたおばあちゃん

娘が2歳のイヤイヤ期真っ盛りの頃のお話です。
その頃はスーパーへ買い物に行っても、ひどく癇癪を起こして結局買いたい物もろくに買えず急いで帰る……という日がたまにありました。


その時は急に話しかけられたのでただびっくりして終わったけど、今思い出してみると、娘の癇癪をうまく落ち着かせてくれたあのおばあちゃんに本当に感謝しています。
ただ単に娘の声を気に入ってくれたのか、実は娘を落ち着かせてくれようとしていたのか、分からないままです。
でもこの出来事があってから、習い事は何をやらせようかな~などと考えるとき、「あの時誉められてたから、合唱団とかいいかも?」と、ステージで歌う娘の姿を想像してうっとりしています。

 

文、イラスト・三津キヨ

関連記事

親子で虫が苦手だったはずが……娘よりママがダンゴムシのとりこになった話
小さい子どもって、本当に虫が好きですよね。 周りの男の子ママから聞く、さまざまな虫エピソードをドキドキしながら聞いていましたが、幸いうちの娘は虫が苦手。捕ってくることはないかな~と安心していました。...
育児家事仕事で疲れたときにいかが?「子どもと一緒に子どもになる日」
毎日続く、育児、家事、仕事の日々。たまに疲れがたまってどうしようもない日があります。そんな時、私は「子どもと一緒に子どもになる日」を作ります。 いつもだったら、「お母さん遊ぼう~」と誘う...
友人のある一言で気づいた「出産する前と後の考え方の違い」
娘がイヤイヤ期真っ盛りの2歳の頃、旦那が休みの日に娘を見てもらい、未婚の友人と二人でランチに行ったことがありました。   文、イラスト・三津キヨ...