いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

はじめて理髪店に行った息子の突拍子もない勘違い

髪が伸び始めてきた4歳の息子。今までは私がカットしていたのですが、あまりにガタガタな出来栄えを不服としたのか、「パパと一緒のところに行きたい!」と言い出しました。
男の子の髪の毛は女の子に比べて切るペースが早いため、なるべく安価に抑えておきたかったのですが、あっけなくお家美容院は終了。息子の床屋デビューとなりました。

パパは普段理髪店で髪を切ります。昔ながらのお店で、入り口のシンボルは息子のお気に入りです。

すると……入口に入るや否や、何やら怯えて泣き出す息子。「え!まだ髪切ってないけど?」と驚く私は、慌てて息子を抱きかかえます。

…………その目線の先にあるものは……シャンプー中、横たわって顔に白いタオルをかけている人たちでした……。

数カ月前に亡くなった祖母の葬儀の際に、亡くなった人は顔に白い布を掛けると記憶していた息子は、理髪店のシャンプー中の人たちも亡くなったと勘違い。

シャンプー中の人たちは、私たち親子の会話「死んでる!」「死んでない!」を聞いて、どう思っていたのでしょうか……。子どもの言ったこととはいえ、本当に申し訳ないことをしました。結局、あまりの気まずさにその日は帰宅。

子どもはいつ、なんどき突拍子もないことを言い出す分かったものではありません。あの日理髪店にいた方々、息子の無礼をお許しください……。

 

脚本・渡辺多絵 イラスト・みとうさゆ

関連記事

息子よ、そのガム誰にもらったの……?読むと背筋が寒くなる本当の話
ウチの息子は、たまにとんでもない行動を起こします。 私と息子のとんでもない日常のひとコマ、この話を聞いた方は全員絶叫をしています。平常心を保ちたい方は読まないことをおススメします……。 先日、...
男子トイレにひとりで行きたがる年頃の息子……一緒に入れないママができることは?
年長になる息子は、最近出先で女子トイレに一緒に入りたがらなくなりました。けれど、女の私が一緒に男子トイレに入ることもできず、多目的トイレが空いていればそこに一緒に入りますが、そこはあくまでもその設備を...
1歳息子と飛行機で帰省……慣れているはずの息子が泣き出した
息子が1歳4か月の時、私は1人で息子を連れて飛行機で帰省をしました。帰省の理由は、大病を患った家族のお見舞いのためでした。 旦那も私も、実家は飛行機の距離の場所です。息子もそれまで2回ほど飛行機...