いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

独身時代は「赤ちゃんに絵本は早いんじゃない?」と思っていたけれど……ママになって初めて知ったこと


本屋で仕事をして気が付いたのは、赤ちゃん用の絵本のプレゼント包装を頼まれることが割と多いということでした。

お客様によっては「これ孫にあげるのよ〜」と教えてくださる方もいました。しかし当時の私にはどうしても気になってしまうことがありました。
それは……

赤ちゃんって言葉もわからないし、ましてや本なんて理解できないだろう。

0歳から読める絵本があることすら知らなかった私には、「絵本を赤ちゃんにプレゼントすること」がどうしても不思議でした。


子どもを育てていて初めて知ったのは、「赤ちゃんは絵本を読んでもらう事が結構好き」ということでした。
わが家の場合は特に、ダイナミックに読むととても喜びます! 言葉の繰り返しや、リズミカルな擬音、メロディーや音声が流れるものや、手遊びできるものなど、赤ちゃんにとって楽しめる絵本がとても多いです。
オモチャの方が良いのに……と思っていましたが、絵本は長く使えてコミュニケーションも取れるステキなアイテムでした!

赤ちゃんの頃に読んでいたお気に入りの絵本は、今でも毎日のように読んでいます。娘は擬音が繰り返す絵本が大好きで、新しい絵本をプレゼントするととっても喜びます。

今では知り合いの子どものお祝い等に、絵本をプレゼントすることが増えました。その子のお気に入りになれるといいなぁ。そんな気持ちを込めながら、夫婦で一緒に本屋さんでアレだコレだと討論しています(笑)。


皆さんも、プレゼントに絵本はいかがでしょうか?

 

文、イラスト・マメ美

関連記事

「王子様はいつ迎えにくる?」お姫様に憧れる娘と現実感あふれる私の葛藤
「昔むかし、あるところに美しいお姫様が住んでおりました」 女の子が一度は憧れる物語の大体はこうして始まる。そしてこの後、素敵な王子様が現れピンチを救ってくれる。そんなお姫様に自分を当てはめて、物語を...
イヤイヤ期&体調不良で大泣きの2歳娘と見つけた「ストレス発散遊び」
暑い日が続く今日この頃。世間は夏休みで賑わっていますが、我が家では娘が風邪をひいてしまい、家で缶詰状態でした。 とにかく遊びたいイヤイヤ期の娘。それに付き合う母。お互いフラストレーションが溜まり...
いくつになっても共感を求める女たち いくつになっても目の前のことに集中する男たち
男と女の考えの違い。それは永遠のテーマなのかもしれない。 先日、そんな事を強く思う出来事がありました。 娘に偉そうな事を言ってしまったけれど、男と女...