いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

talentcolumn

安田美沙子:第2回「私たち夫婦にとって、結果的にいいこともたくさんあったと思っています」

2014年にデザイナーであるご主人と結婚、2017年5月には第一子となる息子さんを出産された安田美沙子さん。インタビュー第2回は、出産中の出来事についてのお話です。以前テレビ番組でもコメントをいただいた、ママスタセレクトの人気コンテンツ「#産後カルタ」のあるあるエピソードについて、安田さんご自身の体験話もまじえてお話しいただきました。
世間を騒がせた、妊娠中のあの出来事についても語っていただきましたよ。

【産後カルタ】
IMG_0456
「赤ちゃんの背中だけしか写ってない!?妊婦検診のエコー写真あるある #産後カルタ」

――こちらはママの泣ける思い出、笑える出来事など、産後に感じた喜怒哀楽をカルタで表現した「#産後カルタ」のエピソードです。エコー検査のあるあるネタということで、安田さんのエコー検査での思い出はありますか?

うちもそうでした。エコー撮影のときは、いつも手で顔を隠していて、なかなか見せてくれなかったんです。「また、お顔が見れなかった……」と思っていたのを覚えています。
主人も何回か一緒に検診に来てくれたんですけど、照れくさいのか、無表情で隣に座っているから、「先生にもっとニコニコして!」と言ったりしていたなぁと思い出しました。

――妊娠が分かったときのことについて教えてください。

安田美沙子

入籍から1年後に結婚式を予定していたので、それまでは2人の生活を楽しもうと決めていました。結婚式が終わってから子どものことを考え始めたんですが、なかなか赤ちゃんができなくて病院に通ったりもしたんです。妊娠が分かったときは、彼も私も「赤ちゃんができた」という実感がすぐには沸きませんでした。「本当に?」っていう気持ちのほうが大きかったかもしれません。

彼は産まれたあとでも、「“美沙子ちゃんの大事なものを僕が預かってる”という感覚で赤ちゃんを抱っこしている」って言っていました。

――男性はやはり、すぐにはピンとこないものなんですね。

わからないみたいですね。実感してもらいたくて、父親学級にも行ったんです。でも、気まずそうにキョロキョロしていました。照れ屋で不器用なタイプなんです。

――妊娠中の体調はどうでしたか?

私は食べづわりタイプだったので、とにかくずっと何か食べてました。普段はあまり食べないお菓子もたくさん食べていたので、夫から「めっちゃ食べるじゃん! 俺より食べるじゃん」と言われていました。

――妊娠中に旦那さんがしてくれて嬉しかったことはありますか?

今もなんですが、料理以外の家事は全部やってくれるんです。キレイ好きなので、洗濯とか洗い物とか気になるみたいで。進んでやってくれるので、すごく助かっています。

――逆に妊娠中の嫌な思い出はありますか?

私は……やっぱり妊娠中に彼の浮気が発覚したことが忘れられないですね。その事件しか思いつかないです。

――“夫婦として続けていく”という決断をして、いろいろな意見があったと思いますが、許すという決断をした理由を聞かせてください。

悔しいんですけど、彼のことが好きだという気持ちは揺るがなかったし、この人がいないとイヤだなという気持ちも変わらなかったんです。

浮気を許して、夫婦として続けていくことに対しては、いろいろな意見があると思います。でも私はこのことをキッカケに、今までは言えなかったことも彼にぶつけることができるようになったし、伝え合うとか、大事にし合うこと、決め事を守るということができるようになったんです。私たち夫婦にとっては、結果的にいいこともたくさんあったと思っています。
たとえば「タバコをやめてほしい」と伝えたら、やめてくれました。彼には長生きしてほしいし、タバコは子どもにもよくないので、やめてくれたのは嬉しかったです。

――この事件に関して、お二人が知り合うキッカケになったお友だちや、周りの方々はどのような反応でしたか?

呆れていましたね(笑)。でも、私は周りの人たちにすごく助けられました。
ある先輩が、「夫婦というのは、夫婦の「ふ」の字からはじまるんだよ。ふたりで大きな出来事を乗り越えるたびに、「ふ」そして、また「う」「ふ」と一つずつ乗り越えてながら夫婦になっていくんだよ。そんなに簡単に夫婦にはなれないから」というお話をしてくださったんです。その話を聞いたとき、「そうだなぁ」と感じたんです。
安田美沙子
――1人で育てていくという選択肢も考えましたか?

妊娠中で精神的にも不安定ではあったので、一時は「1人で……」ということも浮かびましたが、冷静に考えたら1人で子どもを育てていく将来をリアルに想像できませんでした。なので、1人で育てるという選択肢はなかったです。

その出来事があったことで、お互いにいろいろと見直せたし、やっぱり好きだということが実感できました。一生忘れられないことですけど、だからこそお互い子どものことも大事にしていこう、変わっていこうとなれたので、いろんな意味でお互いに責任感ができたのかなと思っています。

妊娠中に発覚した旦那さんの浮気。この出来事を乗り越えるのは、簡単なことではなかったはずです。でも安田さんは今回のインタビューで、そのとき感じたこと、決断した理由について語ってくださいました。
テレビで見ている安田さんは、ふんわり、おっとりしたイメージがありますが、実際は芯のある女性という、新しい一面を見ることができた回でした。
次回は出産についてのお話を伺っていきます。お楽しみに。

取材、文・上原かほり 撮影・chiai

関連記事

中田敦彦:第1回 紆余曲折がかなりありましたがまだ32歳です
今回のママスタタレントコラムにはオリエンタルラジオの中田敦彦さんが登場! 「武勇伝」のネタで大ブレイクしてから10年以上が経ちますが、実はまだ32歳! 2012年には福田萌さんと結婚し、今は1歳の...
つるの剛士:第2回 奥さんと会ったその日に食事に誘って、告白したんです
今回、つるのさんのインタビュ―の中でも特にお聞きしたかったのは、奥さまについてのお話。 ステキなパパであり、旦那さんであるつるのさんが選んだ奥さまがどんな方なのか気になりませんか?今回は、出会いから...
つるの剛士:第3回 僕は“イクメン”でもなんでもない。ただの普通の親父です
第3回目となる今回は、つるのさんが「パパ」になるとわかったときのお話、そしてお子さんが誕生する場に立ち合ったときのお話を伺います。お子さんの話を聞いていても、やはり奥さまへの愛があふれるお話が出てくる...