いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

「ちょこくんにご飯をあげたい娘」 #うちの猫ちょこくんシリーズ


ちょこくんのご飯やお水をあげるのは、ママの仕事。ママがごはんをあげる様子をいつも横で見ているのは、娘のうっちゃん。当時2歳の頃のお話です。
猫用かつおぶしをトッピングしたカリカリ(乾燥フード)が、ちょこくんのお気に入りのごはんです。かつおぶし大好きな食いしん坊のちょこくんは、かつおぶしの袋が開いた音がすると走ってくるのです。


「ちょこくんにかつお、あげるの」と娘のうっちゃんが、小さいおててをわたしに出してきます。わたしは小さなおててからこぼれないように、そっとかつおぶしをのせます。

うっちゃんもこぼさないそうにそーっと、ちょこくんのお皿に入れてあげるのです。かつおぶしをカリカリにのせるのはうっちゃんの大切なお仕事になりました。

ゆっくりこぼれないようかつおぶしをのせたら、うっちゃんはちょこくんに必ず一言。


大好きなごはんをガツガツ食べるちょこくんに「食べ終わったら、お水も飲むんだよ~」と。
ママがいつもうっちゃんに「ごはんの後はお茶を飲むんだよ~」といつも言っているので、真似しているみたいで微笑ましい光景です。

 

文・木村亜希 イラスト・んぎまむ

関連記事

「お出迎えちょこくん」 #うちの猫ちょこくんシリーズ
ちょこくんには、夫と一緒に暮らし始めた頃から毎日続いていることがあります。 それは、玄関で夫の帰りを”出迎える”こと。 玄関の鍵が開く音が聞こえると、耳をピクピクっと動かし、寝ていても...
「娘、ちょこくんに靴下を履かせたい!」 #うちの猫ちょこくんシリーズ
ちょこくん12歳、相変わらず穏やかに、私の娘うっちゃんの成長を見守る、やさしい猫さんです。 うっちゃんは2歳近くになり、「自分で靴下を履きたい」と、自立への成長がみられるようになりました。お...
「なんで私にはちょこくんみたいな尻尾はないの?」 #うちの猫ちょこくんシリーズ
猫のちょこくんが11歳の頃。娘のうっちゃんは1歳4ヵ月頃になり、少しずつ単語が増えて、二語文を話しだしました。「これ、ちょーだい」や「お外いく」など、ママに気持ちを伝えられるようになっていきました...