いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

「ちょこくんスタンプは登園を嫌がる娘のお守り」 #うちの猫ちょこくんシリーズ


娘のうっちゃんは幼稚園に入園する前の年に一年間プレ幼稚園に通っていました。週に2回、母子分離で朝9時~お昼ご飯を食べて14時までというスケジュール。幼いうっちゃんにとってみれば、初めてママや猫のちょこくんと離れて過ごす体験でした。

プレに行く朝、始めの頃は「ママとちょこくんと一緒にいたいよぉ~!!」と泣き崩れる日々。わたしも半日うっちゃんと離れて過ごすことは、初めての経験で「幼稚園で泣いていないかな、今なにしているんだろう」と落ち着きませんでした。(次第に、久しぶりの一人時間を満喫するのですが……)

プレの先生は献身的に、子どもだけでなく初めて子どもを外の世界に送り出す親の気持ちをフォローしてくれたのです。


プレの日の朝、案の定嫌がるうっちゃんに先生の言っていた”おまじない”を試すことに。
私「うっちゃん、手を出して」

何度も手のひらのスタンプを眺めては、さっきまで嫌がっていたうっちゃんが笑顔に。 「一緒に行こうね♪」話しかけて、嬉しそうな様子です。

先生「”おまじない”と言っても特別なことをするわけじゃないんですよ~。お子さんとママだけのお約束という意味です。例えば、手にスタンプを押してあげたり、ママと一緒に選んだお気に入りのハンカチを持たせてあげたり。些細なことが小さな子どもにとっては、お守りみたいな”おまじない”になるんですよ

先生のそんな言葉を聞いて、うっちゃんが大好きなちょこくんそっくりな猫のスタンプを買ってきていたのでした。

あんなに行くのを嫌がっていたプレも最初の2ヵ月を過ぎた頃には、お友達もできて楽しい場所になっていきます。うっちゃんへの”おまじない”作戦は大成功でした。

その後、幼稚園に入園したうっちゃん。幼稚園行きたくないとグズる朝にちょこくんスタンプを押してあげるという”おまじない”は続いています。

余談ですが、ちょこくんスタンプを机に出しておいたら、うっちゃんはいつの間にか、パパがしまわずにその辺に出してあった名刺入れの中の名刺全部にこのちょこくんスタンプを押して元に戻すという、恐ろしいことをしてしまいました。

うっちゃん「パパもこれで寂しくないね~ おまじない ふふふ」
それは、まるで恐怖の呪文です……。

パパは取引先で名刺交換をしたときに、はじめて自分の名刺に全てちょこくんスタンプが押されていることを発見し、血の気が引いたそうです……。
仕方なくちょこくん入り名刺を交換したとのことでした!

 

脚本・木村亜希 イラスト・んぎまむ

んぎまむの記事一覧ページ

関連記事

「ちょこくんにご飯をあげたい娘」 #うちの猫ちょこくんシリーズ
ちょこくんのご飯やお水をあげるのは、ママの仕事。ママがごはんをあげる様子をいつも横で見ているのは、娘のうっちゃん。当時2歳の頃のお話です。 猫用かつおぶしをトッピングしたカリカリ(乾燥フード)が...
「お出迎えちょこくん」 #うちの猫ちょこくんシリーズ
ちょこくんには、夫と一緒に暮らし始めた頃から毎日続いていることがあります。 それは、玄関で夫の帰りを”出迎える”こと。 玄関の鍵が開く音が聞こえると、耳をピクピクっと動かし、寝ていても...
「娘、ちょこくんに靴下を履かせたい!」 #うちの猫ちょこくんシリーズ
ちょこくん12歳、相変わらず穏やかに、私の娘うっちゃんの成長を見守る、やさしい猫さんです。 うっちゃんは2歳近くになり、「自分で靴下を履きたい」と、自立への成長がみられるようになりました。お...