いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

赤ちゃん筆を作るため初めて美容院に行きました


息子の髪がいい具合に伸びてきたので念願だった赤ちゃん筆(胎毛筆)を作るため、初めて美容院でのカットに挑戦しました。

筆は一度でもハサミを入れてしまうと毛先が産毛ではなくなって作れなくなるので、家では前髪だけを切って、後ろ髪が伸びきるのを待っていました。

家でのカットは、お気に入りのDVDをかけるなどしておけば大人しく受け入れてくれるし、鏡を見るのも大好きな子なので、美容院でも苦手なものは特に思い当たらないし、大丈夫だろうと思っていたのですが。

抱っこで椅子に座るなりまさかのギャン泣き開始……

立って抱っこしているほうがまだマシということになり、私が抱えてあやし、息子の動きが少し収まったスキにささっと切るを繰り返す。この状況でどんどんカットを進めていける美容師さん……すごいなと思いました。

お店には大変なご迷惑をおかけして申し訳なかったですが「大丈夫ですよ」と親切に対応してくださり、散々だったこと含めいい思い出になりました。

うちの場合はある程度の長さになるまで頑張って伸ばしてました。息子も髪の量が決して多くはない子だったので、作れるだろうか? と心配でしたが、毛量や質によっていろんなタイプの筆が選べるそうですよ。

 

文、イラスト・Ponko

関連記事

保育園では完食!?どうして家では食べてくれないの?
もともと食べムラがひどく、離乳食初期の頃から苦労していた息子(1歳)の食事情。 最近は自我も強くなって、食べさせようとすると怒り出すように…… しかし、保育園ではちゃんと食べているらしく!? ...
保育園からの初めての呼び出しはまさかのケガ!?
「すみませんお母さん!今すぐ保育園に来られますか!?」 4月から保育園に入所し、体調を崩すことなく元気に通っていた1歳の息子でしたが とうとう初めての"お呼び出し”が。 あぁ、と...
美容師さん顔負け!失敗せずおしゃれな前髪が作れる「変身カットマスク」
長く伸びてきて、今にも目にかかりそうな子どもの前髪。前髪だけで美容院に行くのももったいないし、これくらいなら……と、ママたちは自らハサミを持ちます。チョキチョキとハサミを進めるものの、「あれ?...