いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

保育園からの初めての呼び出しはまさかのケガ!?


「すみませんお母さん!今すぐ保育園に来られますか!?」

4月から保育園に入所し、体調を崩すことなく元気に通っていた1歳の息子でしたが

とうとう初めての”お呼び出し”が。

あぁ、とうとう熱でも出してしまったかな? そう思いながら電話を受けましたが……。

まさかの大怪我をしていたのです。


これまで、小さなケガこそしょっちゅうありましたが

こんな病院に行かなければならないようなケガはなかったので

こういうときに行く病院というのは全く調べておらず決めていませんでした。

なので、ひとまず最寄の形成外科のある総合病院へ行くことになりましたが

その日は形成外科の先生がおらず代理の先生に診ていただくことに。

専門が脳外科ということで、外傷だけでなく頭の中まで調べていただき、

異常もなかったので不幸中の幸いだったとは思いますし、


大人三人でおさえても、なお泣いて暴れる息子の皮膚を

上手に縫い合わせてくれて感謝していますが、やはり気になるのは残る傷跡のこと。

けれど先生は

「男の子だし多少痕が残っても気にはならないでしょう」とあまり気にしてない様子で……。

その後、抜糸の際には形成外科の先生に改めて診ていただくことができて

なるべく痕が残らないようにするためのケアなどをアドバイスいただけました。

縫合だけでなくテープでの手当てなど、選択肢があったことを後になって知り

本当にあの時この処置で良かったのか。

息子のケガでパニックだったとはいえ……いや、だからこそ

きちんと納得できる治療法を説明して選ばせてくれる

かかりつけの病院を事前に見つけておいてお世話になりたかったなと少々後悔が残ってしまいました。

このような事故は無いにこしたことはありませんが

病気だけでなく、ケガにも備えてかかりつけの病院は選んでおいた方が良いなと思いました。

大ケガとはいえ、よくありそうなことなのでまさかとは思いましたが、契約内容によっては

保険の保証対象になってたりもするようなので、合わせて見直しておくと良いかもしれません。

 

文、イラスト・Ponko

関連記事

保育園「子ども同士のけんか」で顔に傷跡 園に治療費を支払わせることは可能?
提供:弁護士ドットコムニュース やんちゃ盛りの子どもにけんかはつきもの。でも、そのけんかが取り返しのつかない怪我に繋がってしまったらーー。そんな相談が弁護士ドットコムの法律相談コーナーに寄せられ...
どこまで気にする?幼稚園や保育園のプールで心配なこと
すでにプール開きを迎えている園も多いことでしょう。真夏の暑い日に、冷たいプールに入るのは気持ちの良いものですが、事故や病気の方が心配になるママもいるようです。
男子の戦いごっこが激しすぎる! 見守る親の悩みとは
「今日も幼稚園終わったら、〇〇くんと戦いごっこするんだー♪」 年長になってからというもの、我が息子は園庭や公園で毎日のように戦いごっこを繰り広げるようになりました。 母としてはその言葉に微笑み...