いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

初めての育児で心が休まらない……私が救われた助産師さんの一言

出産の喜びも束の間、退院してから生まれたばかりの赤ちゃんとの生活って本当に大変ですよね。私も産後は娘の慣れないお世話に疲れきっていました。
様々な事情で里帰りをしなかったので、全てを一人でやらなければならず体も心も休まる時がありませんでした。

私の住んでいる地域では出産した家庭に保健師さんや助産師さんが訪問してくれる制度がありました。夫は協力的なものの仕事に行ってしまえば娘と二人きり、孤独な育児と溜まる家事、誰かを家にあげるのは正直とても憂鬱でした。


そんな中やってきた訪問の日に助産師さんのかけてくれた言葉。
誰かと会うのは面倒と思う反面、疲労と不安に押しつぶされそうで誰かに大丈夫だよ、と言ってほしかったのだと思います。


正解のない育児だけども間違えたり疑問や迷いばかりで、自信を無くしていたのかもしれません。今までの苦労がとても報われた気がしました。

娘は今2歳になってお世話も新生児ほど大変ではありません。しかし代わりに手を焼くことも増えました。色々と落ち込んだりやっぱり悩んだりもします。

そんな時はこの助産師さんの言葉を思い出して、「下手でも面倒でも手抜きでも毎日ご飯を作ってお風呂に入れている結果、娘はすくすく育っている」と自分を肯定して元気を出しています。

 

文、イラスト・春野さくら

関連記事

ママなら誰でもなりうる「産後うつ病」。予防するために医師としてできること
赤ちゃんが生まれることはとても喜ばしいことです。しかし実際に育児が始まると、言葉の話せない赤ちゃんのお世話は想像以上にハードで、日々の疲労と命を育てている責任感に押しつぶされそうになった経験のあるママ...
里帰り出産、する?しない?ママたちの「里帰り出産体験談」
産後1ヵ月は、ママの身体が妊娠前の状態に回復するための産褥期と呼ばれる期間です。この期間、ママは赤ちゃんと一緒にできるだけ横になって過ごした方が良いとされています。産褥期の間の家事などを手伝っても...
お片付けイヤイヤの2歳娘に効いた声かけ方法
皆さんのお子様はすんなりお片付けしてくれますか? うちの2歳になる娘は遊ぶのが好きすぎて片付けをすごく嫌がります。 特に大変なのは寝る前で、楽しく遊んでいたのに「片付けるよ」この一言でものすごいイ...